ネットを使用している以上は、アンチウイルスソフトのインストールは必須と言えるでしょう!
誰でもウイルスに感染した経験はあると思います。
しかし、そのウイルスで痛い目に遭ったということは少ないのではないかと想像します。
ここで言う痛い目というのは、単なる愉快犯の遊びのようなものではなく、本当にPC内のストレージのデータを抜かれたとか、まったくPCが動かせなくなったとか、そういうことを言っています。

悪意があっても、その内容が深刻かそうでないかに分かれるでしょう!

5年ほどパソコン教室を運営したことがあります。
その中で、ウイルスに感染したので、見て欲しいというお客様が来たことが何度かあります。
いずれも深刻ではないウイルスでした。
アダルトサイトを見ていたら、デスクトップ画面の背景写真がアダルト画像になって消せなくなった、というようなものから、デスクトップ画面の花火が止まらなくなったとか、そういった愉快犯的なものばかりでした!

こういったものなら害はその現象だけに止まるので深刻な問題ではありません。
俗にいうトロイの木馬的な隠れて悪さをするマルウェアやPC内のファイルを暗号化し、実質PCを使えなくして、それを解除するために金品を要求したりするランサムウェアが本当の脅威となるウイルスなのです!

一昔前は、アンチウイルスソフトを買ってインストールしなければ、ネットをやっていればウイルスには100%感染したものです。
ネットをやるにも保険的な金銭が掛かったことになります。

今はどうか?

2009年9月にMicrosoftがSecurity Essentialsという無料のセキュリティーソフトを提供し始めました!

Security Essentials01 - コピー

Security Essentials02

Security Essentials03

Security Essentials04
Security Essentials05

Security Essentials05 - コピー (609x640)

Windows7までは、このMicrosoft Security Essentialsが大活躍しました。
このアンチウイルスソフトが出てからは、私はウイルスソフトを買わなくなりました。
これで十分間に合いました。

Windows8からWindows Defenderなるものが出現し、現在に至っています。

image29 (640x304)

現在は、Windows セキュリティーと名を変えていますが、流れはこのWindows Defenderから始まっています。

アンチウイルスソフトのランクではミドルハイ、いわゆる中の上に位置するアンチウイルスソフトです。
一般的にはこれで十分通用するアンチウイルスソフトになっています。

denfenderjpg (586x640)

defender (489x640)


今は他にも無料で使えるFreeのアンチウイルスソフトが複数あります。

アンチウイルスとして上位に位置するAvast、ポピュラーなKingsoft Internet Security 20等、探せば結構出てきます!

Windows Securityだけで十分とは思いますが、皆さんの選択でFreeのアンチウイルスソフトを使うと良いでしょう!

とにかく一般的な日常で個人が使うネットにおいては、アンチウイルスソフトは買う時代ではなくなっているのです。
会社や、個人でも商業的にネットを使う場合は、この限りではありません。
より強固なアンチウイルスソフトは必要かもしれません!

様変わりしたアンチウイルスを考えても時代の大いなる変化を感じざるを得ません!