芸術

2022年05月18日

加山雄三!=youtubeから=

youtubeを見ていると、これまでの視聴傾向をもとにして動画が選ばれてサムネイルが表示されます。
AIの為せる業です!

加山雄三、若大将が誰よりも好きで、よくyoutubeにアップされている彼の歌を聴いています。
聴くことのできない歌はないほどに、かなりの曲数が見知らぬファンによってアップされています。

そんな曲を聴くたびに、幼かりし頃にタイムスリップして、当時のことをまざまざと思いだしながら感慨に耽っている自分がいます!

続けて2曲聴きました。

〇白い砂の少女

〇君のために

いずれも私が10代の頃の楽曲です。

hqdefault


「君のために」は私が中学2年生14歳の時の歌です。
実に54年前の歌なのです。

704717


「白い砂の少女」も同じく、1967年の発表です。

いずれにしても半世紀以上前の楽曲なのです!

今、聴いても古さはまったく感じることができません。
彼の楽曲には洋楽のスパイスが入っているので、日本的な単なる歌謡曲というような感じはまったくしないのです。

いつ聴いても新鮮な感覚を持つことのできる楽曲です!

若大将にはいつまでも元気でいて欲しいと願っています。
腰を疲労骨折したり、脳梗塞にあったり、光進丸が焼けてしまって精神的に苦しい想いをしたり、と心配なことが続いていますが、何とか持ち前のガッツで頑張って欲しいと願っています。
ここのところ体が心配になって来ています。
しかし、努力家の若大将なら何とか乗り越えてくれると信じています。

83歳を過ぎて若大将と言われることに嫌気がさすかもしれませんが、69歳になる私にとってはいつまでも若大将なのです!

いつまでも元気で、その雄姿を見せて下さい!
若大将万歳!

kenhappy1 at 19:23|PermalinkComments(0)