時間の矢!JFKとの出会い!

2004年10月15日

幼き狂気!

f744e14a.jpgパチンコといっても皆さんが連想する玉弾きのパチンコではない。二股の鉄の棒に強力なゴム管がついていて、それに弾を挟んでオモイッキリ引っ張って放す、パチンコの方である。正式名称は何というのか?東北ではパチンコ、或いはゴム管と呼んだ。
まだ小学生の頃、このパチンコで残酷なことを随分したものである。

当時、何でも屋(欲しいと思うものは何でもあったから)が町にはあったものだが、空気銃の弾を幼い小学生にも売ってくれた。今なら父兄の間できっと問題視されるところだろうが、昔はどこか大らかさがあり、こんなことをしても許される時代だった。
母の使い古したベルトを失敬して、ゴムひもで空気銃の弾が収まるワッカを縫込みガンベルトとした!(笑)
ガンベルトを締め、パチンコを持って、よく田圃に出かけ、蛙を無差別に狙って撃ち殺したものである。そんなことに快感を感じる部分が誰にでもあるような、幼い狂気があった。
遊び仲間の家の押入れの荷物をすべて出し、ネズミ捕りをした。小さなハツカネズミのような可愛いネズミが捕れたものである。そのネズミを屋根のテレビアンテナに吊るしておくのだ。そうすると野鳥がそのネズミを狙って集まってくる。そこをパチンコで狙った。幸か不幸か私は打ち落とせなかったが、打ち方の上手いワルガキはけっこう打ち殺していた。
今思えば何とも殺伐とした狂気に思えるが、当時は、子供の遊びの範疇だった。
狂気にも見えるが、実は命の尊さを逆に学んだような気がする。そんなことをしたのは、小学生までで、中学生からはやらなくなった。
幼い懐かしい思い出でもある。
殺伐とした殺人事件が頻発する世の中になった。きっと自然との対話など一度もしたことのない心の貧しい人間のすることである。
命はハードコアである。亡くしたら復活できないということを真剣に考えて欲しい。

kenhappy1 at 00:32│Comments(1)TrackBack(0) 郷愁 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kawamura   2004年10月15日 13:20
こんにちは。
コメントありがとうございます。
信念もってがんばります!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
時間の矢!JFKとの出会い!