最近マザーボードをGIGABYTE Z690M DS3H DDR4からMSI Pro B760M-A WiFi DDR4に変えました。

<GIGABYTE Z690M DS3H DDR4>
Z690M (640x312)

<MSI Pro B760M-A WiFi DDR4>
MSI (640x360)

両方ともエントリークラスのマザーボードですが、私自身がエントリークラスという訳ではありません!(笑)
単なる販売金額による選択です。
年金暮らしには、そう高いPC部材は高値の花ですので!(爆)

GIGABYTEのZ690M DS3H DDR4は1年半くらい前に購入しましたが、18,980円とリーズナブルな価格でした。
しかし、値段そのままの機種と言っても過言ではありません。
電源回路VRM周りの熱対策が貧弱で、このあたりで価格を抑えています。
このパワーサプライ的なVRM周りがOCするとすぐに100℃を超えてしまい、ファントムスロットリングが起きて、CPUのクロックが極端に落ちてしまいます。
OCが何の役にも立たなくなります。

と言う訳で、Z690チップセットであるにも関わらず、ろくにOCもできないのではZ690の意味をなさないこということで、持っているだけで癪に障るので、処分して熱に強いマザーボードということで、MSI Pro B760M-A WiFi DDR4に変えたのでした。

本来、この機種ではCPUのOCには対応していませんが、MSI CENTERというMSIが提供している、マザーボードの様々な個所を調整するソフトがあります。
このソフトで、CPUのOCがソフト制御によってできるようになっています。

このソフトで、6個コアあるPコアをすべて4.8GHz、4個あるEコアをすべて3.7GHzにOCしてみました。

USER Scenario (640x377)

cpuXhze (640x381)

cpuXHZe99 (640x380)

このようなソフトで調整します。

この状態でCinebench R23を動かしてみました。

R23_17117 (640x360)

ちょっと字が小さくて見えずらいですが、17,117となりました。
なかなか優秀なMSI CENTERというマザーボード調整ソフトです!
だいたいZ690チップセットでOCしたときと同じような値になっています。

CPUやVRM周りの温度は70℃台に抑えられています。
空冷、虎徹マークRev.Bを使用しています。

このMSI Pro B760M-A WiFi DDR4は、なかなか優秀なマザーボードです。
これが15,000円台で買えます。

INTEL 12~14世代のCPUで自作する方は参考にしてください!
私のCPUは12600Kです。