何気なくYOUTUBEのホーム画面を見ていたら、私が3台目に乗った初代ホンダシビックを蘇らせる番組が紹介されていました。
早速、視聴することにしました!

アメリカの大地を20万キロ以上走ったシビックが60万円程で新車のように中身までピカピカになる様は、見ていて気持ち良く、自分も1978年(昭和53年)に同じ初代シビックに乗ったことを想い出していました!

2代目シビックは1979年の登場ですから、初代最後の年の車になります。
以前にも書いていますが、その時の納車写真が今でもあり、郷愁を誘います!(笑)

CIVIC納車記念写真jpg (466x640)

3e5f8bef

95f8c33f99

この時は、岩手山麓の職域のレクリェーションセンターに勤務していて、それまで乗っていた一般的なFR車カローラハードトップ1400では冬道の山坂道が登れずに苦労していました!

初めてFFを採用したシビックは、坂道に強いということを聞いていたので、1972年に開発され、まだ初代のままのシビックでしたが、その外観や内装は初代と言っても変化を続けていて、なかなか精悍なイメージで気に入ったので買い求め、1978年7月7日に納車になりました。
CVCCエンジン(燃費効率の非常に良いエンジン)、5M/T=5速マニュアルトランスミッションで、これまでの46年の車人生の中で、マニュアルミッションに乗ったのは、この3台目のシビックまででした。
その後は、すべてオートマチック車に乗ることになりました!

シビック、アコードを販売した最初のディーラーはホンダワールドでしたが、今は存在しません。
当時のシビックのナンバーのまま掲載します。
もう疾うに廃車になっていますから!

思った通り、山坂道は期待した通りの結果で、他のFR車が立ち往生する雪の山坂道を、このシビック1台だけはスイスイと登って行きました。
その気持ちの良かったこと!(笑)

そんな懐かしい想い出に浸っていました。

過去の想い出も心の宝だと犇々と感じています!