360_F_528128832_LKIAZBqsahtLF4aikssgUjDXk15okjS6

明けましておめでとうございます!
昨年中にこのブログにお出でいただいたすべての方に厚く御礼申し上げます。

今年、私は古希になります。
押しも押されぬ老人です!(爆)

それでも老骨に鞭打って、今年もこのブログは毎日書いて行きます!
その殆どは他愛無い記事ですが、たまには良いことも書いていると思います!(笑)

今年も暮らし向きが良くなるとは到底思えません。
もう30年近く経済が停滞しています。
これまではデフレに慣らされて、何とか生活できるからこれでもいいじゃないか?
と若い人は思っているかもしれませんが、この失われた30年は、国民にとっては途轍もなく不幸なことなのです。
数十年経済成長していない国は世界広しといえども内戦に明け暮れるリビアと日本しかないそうです。

こんな中で防衛増税を口にする財務省と岸田総理には呆れるばかりです!

デフレなのに物価は確実に上昇しています。
いわゆるスタグフレーションに突入しているのかもしれません。

早々に岸田総理には辞任いただいて、古くなったインフラ整備でいいので、公共事業をバンバン発注し、建設国債を発行し、お札をどんどん擦れば良いのです。
北海道新幹線はまだ函館です。
まだまだ先があるでしょう!
国債は札を刷る日銀が処理すれば問題ない筈です。
決して未来の子供たちへの負担にはなりません。

財務省には増税が正義で財政出動は悪なのです!

この凝り固まった考えを正さないと、日本はいつまでたっても経済的には三流国に落ちたままになってしまいます。

失われた30年を取り戻し、国民は富まなければなりません。

令和5年の元旦にそんな想いが強く心を支配しています。