熱帯夜!ヴィヴァルディー「合奏協奏曲<四季>!」

2022年08月10日

無線ルーター環境の完成!

2016年購入の無線ルーター、BUFFALOのWXR-1900DHP2が壊れてから紆余曲折がありましたが、無線ルーター環境が完成しました。

とにかく無線ルーターが壊れて、通常モードではネットが出来ず、スマホ経由のデザリングで凌いでいました。
そういう訳で、急いでTP-Link Archer AX55を購入しましたが、このTP-Linkの無線ルーターは、極端なことを言えば、単にネットに繋ぐだけのような機種で、ルーター機能のきめ細かい設定が出来るようにはなっていませんでした。
これまでルーターはBUFFALOしか使ったことがなく、BUFFALOがスタンダードとばかり思っていました。
まあ、日本のメーカー製のルーターは、きっとBUFFALOと同じようにきめ細かな設定が出来るものと思います。
TP-LinkやASUS製などの外国メーカーのルーターを使う時には注意が必要です。

IMG_20220803_211008258_HDR (640x459)


いろいろと中身を弄ることが好きな私には不向きな外国メーカーの無線ルーターでした。

そういう訳で、BUFFALOのWSR-3200AX4S-BKを新たに買いました。

WSR-3200AX4S-BK__0300 (640x640)


WSR-3200AX4S-BK__0105 (640x640)


TP-Link Archer AX55よりも性能はちょっとだけ上位ですが、殆ど同じと言っていいでしょう。
アンテナ内蔵でコンパクトな機種です。
設定は何年も使っているBUFFALOなので、直に終了しました。

IMG_20220809_191246106


挿入写真の向かって一番右端がONUで、その隣がBUFFALO WSR-3200AX4S-BKです。
これが無線ルーター親機です。
DHCPによるIPアドレス付与などのルーター機能はこちらが担当します。

一番左端に置いてあるのが、TP-Link Archer AX55で、ブリッジモードにしてあります。
PCからのLANケーブルは、こちらのブリッジモードのLANポートに挿していますが、有線はBUFFALO WSR-3200AX4S-BKにHUBを挿入したのと同じ原理で機能します。
無線は、Archer AX55とWSR-3200AX4S-BKのどちらを使用してもOKです。
私のスマホは、Archer AX55の5GHz帯を使用していますが、家内のノートPCはWSR-3200AX4S-BKの5GHz帯を使用しています。

異なったSSIDで2.4GHz帯×2、5GHz帯×2がそれぞれ使えます。

このような環境下で使って行きます。
Archer AX55を購入したところに買い取りで幾らになるか確認したところ、1500円ということなので、売るのはバカらしい!(爆)

両方使って行きます!

kenhappy1 at 00:00│Comments(0) 徒然なるままに 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
熱帯夜!ヴィヴァルディー「合奏協奏曲<四季>!」