昨日の続きです。
Windows7βをクリーンインストールしたら、パフォーマンス測定はできるようになりました。また、ガジェットはUACを3段階目(下から2番目)の設定で出力できるようになりました。4段階の最低ではガジェットが出せません。
新たな問題が発生です。VISTAにインストールしていたゲームソフトを、そのままアップグレードでWindows7βにした時は互換性の注意は表示されるも問題なく起動できていたのですが、クリーンインストールしたWindows7βにインストールして使おうとしたら、ファイルリードエラーで起動できません。ゲームはやりたいときに常にできるような環境でないと面白くありません。いちいちXPを起動し直してやるのはまどろっこしい!(笑)どうしたものか悩んでおりました。
VISTAを再インストールしてゲームソフトが使えるようにして、再度Windows7βにアップグレードすれば元に戻る可能性があります。クリーンインストールしたのはガジェットが出せない原因を探るためでしたが、今にすればUACを変更するだけで済んだことでした。
パソコンで様々やることが好きなんですね。一見バカバカしいことのように思いますが、このようにしてパソコンの扱い方を覚えて行くものなのです。
バカバカしいことですが、また様々やってみます。