213df903.JPG今年の夏も最後のエネルギーを振り絞ってギラギラ太陽を輝かせていますが、高気圧は秋のもので乾いてカラッとしています。それでも28度くらいあり、それなりに暑い日になっています。
駐車場の拡張のため移動した柿の木が実をつけなくなっています。
毎年、数百個のたわわな実を付ける庄内柿で見事なものでした。実をつけなくなって4年になります。前のブログでも書きましたが、このように実を付けなくなったのは2度目で、前回は約20年前に実家から送られ、移動されたことが原因で実を付けなくなったもので、その後8年間、実を付けずじまいでした。今回は、前述のように駐車場拡張工事のために移動したら実を付けなくなってしまったものです。前回と同様なら後4年、待たなければなりません。先の長い話ですね。
今日、じっくり柿の木を見てみました。あるある、坊主ではない。よく見ると3個、実を付けています。数百個のうちの3個なので、ないと同じですが、3個でも実を付けたということに意味があります。来年からが楽しみです。3個が6個に、6個が12個にと、きっとだんだん多くの実をつけてくれるだろうとほのかな期待を抱いています。

★人気blogランキング:押してね!