徒然なるままに

2017年11月22日

インスタントラーメン(袋麺)

今は、インスタントラーメンも進化を遂げています。
袋麺よりはカップ麺が主流ですね!

私がインスタントラーメンの袋麺を食べ始めたのは中学2年生の頃です。
銘柄は忘れてしまいましたが、家に箱で買ってあって、よく自分で作って食べました。

作り方に拘りがあって、鍋にお湯を沸かして、袋麺を入れ、箸で麺をほぐすようにしてかきまぜて行きます。
季節の野菜を入れます。
玉ねぎ、キャベツ、白菜、等々何でも入れました。
完全にほぐれたら、スープの素を入れてかきまぜ、最後に卵を落としてまんべんなくかきまぜます。
このとき、白身が大きく泡になって吹き出しそうになります。
そのあたりでかきまぜるのを止めます。
卵がスープ全体に行き渡って卵スープのようになります。
これが美味いのです。

沢山の銘柄の袋麺を食べましたが、すべては覚えていません。
大学の頃までは、自分で作って頻繁に食べたものですね!

1972年(昭和47年)にカップヌードルが大ブレイクします。
大学に自動販売機が設置されました。
ラーメンの自動販売機ができたと驚いたものでした!(笑)
当時100円しました。
100円出すと、カレーライスの大盛、ナポリタンの大盛が食べられたので、カップヌードルの100円は高かった!

大学の頃、よく食べたインスタントラーメン(袋麺)は、マルちゃんのもやしラーメンだったと思います。
ネットで調べても出て来ません。
袋の中にスープの素とは別袋として、もやしが入っていました。

サッポロ一番みそ・塩ラーメンは定番でしたね!

rm_29_px200


index


沢山の銘柄を食べましたが、残念ながら中学2年生、3年生の頃にどんな銘柄を食べたか覚えていません!
それだけ、いくらでもあるさもない食べ物だったとも言えますね!
だけども、私にとってはとても美味しい食べ物、それがインスタントラーメン(袋麺)でした!

今は、カップ麺が主で、袋麺はちょっと格上になった感があります。
今も食べ続けているインスタント麺ですね!

kenhappy1 at 01:15|PermalinkComments(0)