コスモス

2017年08月17日

火星で次々に謎の物体発見!

火星では地上に探査車キュリオシティ、軌道上ではマーズ・リコネッサンス・オービターが、それぞれ火星の観測をしています。

<キュリオシティ>
curiosity


<マーズ・リコネッサンス・オービター>
Mars-Reconnaissance-Orbiter


これらの火星探査で次々に謎の物体が発見されています。

まず、マーズ・リコネッサンス・オービターが2014年5月15日に撮影した映像に謎の物体が映っていることをアリゾナ大学の公式ウェブサイトが発表しています。
8月12日に、UFOブログ「UFO Sightings Hotspot」がこの映像を再発見し、UFOが墜落したものだと主張しています。

ufo


確かに何かの物体が滑って行った跡が続いています。
物体の大きさは130m、滑りの痕跡は1Kmも続いていることが分かっています。
NASAはクレーターであると発表しています。
クレーターだとしても普通の物とはだいぶ違いますね。
はっきりしたことは地球からでは分からないのが実情でしょう!

もうひとつは、キュリオシティの撮影した映像を分析した、UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル「Paranormal Crucible」が、火星の古代王と思われる“謎の人骨“を発見したと、ちょっと眉唾物の発表をしています。

JINKOTU1


jinnkotu


これが王冠を被った火星王なのだそうです!(笑)

火星王ではないにしても、人骨に見えないわけではありませんね。
火星にこういう物体を形作る何かが存在したことは事実です!
NASAはこれについて正式な発表はしていないようです。

その他にもいろいろな謎の映像があります。

それぞれの観測機器は火星に、火星軌道上にありますが、分析は地球で行っています。
はっきり何かは分からないというのが正しい解釈でしょう!

あと30年後にはまちがいなく有人火星探査が実施されていることでしょう。
そのときになれば、あの時のあれはこうだった、ということがハッキリするでしょう。
それまではロマンの範囲にとどめておくべきでしょう!

kenhappy1 at 00:00|PermalinkComments(0)