シニアの晩酌!価格が高いスマホとドコモ新料金プラン!

2019年05月25日

「君といつまでも」が流れる中で!

スマホで加山雄三を聴いていました。
「君といつまでも」が流れています!

R-3402763-1330975017.jpeg


この曲を聴いていると12歳の自分と自分を包み込む家族、友人の顔が浮かんできます。
既に両親は黄泉の国に旅立ち、当時の温もりは失われています。

走馬灯のような時の流れが言い知れぬ寂しさを齎します。
それは一瞬なのですが、失ったものの大きさにとても切ない想いに駆られるのです!
今、愛する人は傍にはいるのですが、それとは関係なく、失った過去の温もりに対する不安のような感情が支配するのです!

歌っている加山雄三ですら既に80歳を超えています。
彼はいつまで元気でいてくれるのだろうか?
大好きな加山雄三の年齢が過ぎ去った時への想いを増幅させます。

これらの想いは自分が歳を重ねた証であり取り戻せない過去の温もりの大きさに心が震えている現れなのです!
この感情は何をもってしても癒せるものではありません!

ほんの一瞬の消し難い想いに心が悲鳴を上げています!

kenhappy1 at 12:24│Comments(0) 徒然なるままに 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
シニアの晩酌!価格が高いスマホとドコモ新料金プラン!