初夏の装い!寒かった!

2018年03月16日

悪魔の証明!

森友学園関連文書書き換え問題が喧しい!

佐川前理財局長は何を考え繰り返し虚偽の答弁を予算委員会でしたのか?

sub-buzz-12037-1499654668-9 (640x446)


司のトップが嘘を言うものだから末端の部下は「これは拙い」とばかりに文書を佐川前理財局長の答弁に合わせて改ざんしてしまったのです!

決して珍しいことには思えません。
改ざんして末端の担当者に利益があるのか?と野党は言い、これは財務相や総理の支持があったに違いない、と決めつける。
そして、違うというなら潔白を証明しろと何の証拠もないのに、やってもいないことの証明を求める!
これをもって「悪魔の証明」と言います。
まったく下らないの一言です!

優秀な役人でも日本のサラリーマンにはありがちな上司に対する気遣いです。
出世欲もあるでしょうが、一部の潔癖な性格の人を除けば、誰もが持っている習性のようなものです。
決して珍しい行動ではないのです!
しかし、公になったからには財務省の改革は必須で、改ざんされた文書が国会に提出されたとすれば、財務省には省がなくなるほどの道義的責任が生じます。
歳入庁に格下げになるかもしれません!
人命が失われたことは、省庁を監督する政府ばかりでなく、立法府において司法の真似事をする野党にも責任の一端はあるでしょう。

森友学園の籠池氏は、有名人を利用して自分の利益に資する最低の人間です!
保守系の論客達の多くが森友学園の父兄に対して籠池氏から請われるままに講演を行っています。
講演自体は何の問題もありません。
それを最大限に悪用(自分の利益に資するために利用)されたのです。

写真を一緒に撮影し、それをパンフレットなどに無断で転載し、有名人の名声を利用したに過ぎません。

そういう写真を国有地売買の担当者に見せて、在ること無いことを言い募って便宜を図ってもらうことを期待する。
こんなことは、どこにでも転がっていそうな事柄です。

勿論、利用された安倍総理夫人や文書に記載のあった政治家や、その他の保守論客達も利用されていることに早く気付くべきでした。
何を期待して自分に講演を依頼してきたのか、純粋な面ばかりを見るのではなく、事前に調査することも自分の身を守るためには必要でしょう!
そこには、人を疑ってみるという、あまりやりたくない動作が入ることになります。
これも仕方のないことでしょう!
潔白な人ならば疑われても何も恥じることはしていないので怒ることも傷つくこともないでしょう!

国会を見ていて野党には辟易してしまいます。
それにへいこらへいこら頭を下げる政府にも問題があります。
きっぱりとこの問題を切って捨てなければなりません。
麻生財務相の答弁はその通りでしょう。

abeasou


佐川前理財局長の予算委員会の答弁を部下が忖度して改ざんしたに過ぎません。
それを最高責任者だからと言って安倍総理に責任を押し付けるなど言語道断です!
民間会社なら、部下の不祥事をいちいち社長が責任を取っていたら、社長が何人いても足りません!
国会で国民の負託を受けて多数を占めているから今の政府が成り立っているのでしょう!
野党は6党合わせも微々たるものです。
政府主導で、それこそ国民の負託に応えるべく、憲法9条や北朝鮮問題をしっかり議論し、国会議員の本分である立法に立ち返るべきです!

そして国の元首級は、自分の進退について、たとえ100%の自信があっても、「この問題に自分が関与していたら議員も総理大臣も止めます」などとは決して言ってはいけません!

今は、安倍総理が憲法改正を口にしたので、左翼系の政党やメディアが総力を挙げて安倍降ろしに懸命になっています!

それに負けては先の選挙結果が無に帰します!
政府と自民党は、国民の多数に支持されていることを忘れてはなりません!

kenhappy1 at 00:46│Comments(0) 徒然なるままに 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
初夏の装い!寒かった!