2017年08月10日

グァムへの攻撃を検討=北朝鮮=

何を血迷ったか、北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍報道官は8日付で声明を出し、北太平洋の米領グアム島周辺を、中距離弾道ミサイル火星12で、包囲射撃する作戦計画を慎重に検討していると威嚇しました。

20170514-00070937-roupeiro-000-4-view


0170809at13_p


CNNの世論調査によると、米国民の半数が北朝鮮への武力攻撃に賛成し、共和党支持者に限定すれば74%が武力攻撃に賛成しています。
トランプ大統領が、これだけ北朝鮮から挑発されて黙っているとは到底思えません。

BN-UP431_3aWZh_M_20170808153448


金正恩は、敢えて破滅的なことを言って、対話を切望しているのかもしれません。
どういう思惑があろうと、「米領グァム周辺を火の海にすることを慎重に検討している」と報道官が発表したのですから取り返しがつきません。

webw170801-kim-thumb-720xauto


米軍はきっと行動に出るでしょう。
我々が気が付かないうちに密かに大々的に先制攻撃し、北朝鮮国内の反撃を許さない結果になると思います。
問題は、日本に万単位で潜伏する工作員です。
これらの地下組織が日本国内でどう動くかが問題です。
原発を襲ったり、化学兵器をばら撒いたりするかもしれません。
そこのところが読めません。
北朝鮮と米国の国同士の戦いだけなら、あっという間に決着がつくでしょうが、そうではない他国潜伏組がどう反応するか、それが読めないので、これまで先制攻撃がなかったものと思われます。

しかし、ことここに至っては米国は黙っている訳には行かなくなるでしょう!

困ったことですが、日本人として心構えだけはしておかないと、いざという時に動揺してしまいます!

有事の際に日本国民はどう行動すべきなのか、本当は前国会でしっかりと議論しておかなければならなかったのです。
それを「もりかけ」に終始してしまった野党に憤りを覚えます。

さて、本当に心配ですが、じたばたしてもしょうがありません。
成り行きを見るほかありませんね!

kenhappy1 at 00:00│Comments(0)徒然なるままに 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字