2017年07月25日

仙台市長選挙!

7月23日の仙台市長選挙は、自民党の大敗に終わりました!
当選の郡和子氏と次点の菅原ひろのり氏の票差は16,459票でした。
この票差自体は少ないものですが、事実上民進党の分裂選挙=林ひろき氏は民進党=となったにもかかわらず自民党と公明党の推薦の菅原氏が落選したことは、大敗と言っていい状況です。

Kazuko_Kori_201210


郡和子氏は民共連合とでもいうべき共産党の票を頼みにした選挙戦を展開し勝利しました。
市政、市議会に共産党が蔓延ることになります。
仙台市民はそれで本当に良いと思ったのでしょうか?

60代以上の市民には、郡氏はお馴染みの顔です。
私も個人的には好きなアナウンサーでした。
国会議員になるちょっと前くらいには、女性には珍しく、泰然とした風格まで感じたアナウンサーでした。
60代以上には政治信条など度外視して支持されているでしょう!

しかし、それと政治とは別問題です。
共産党を頼みにするなど以ての外と言わざるを得ません。
民進党は今後ますます、自民党が公明票を当にするように、共産票を当にするようになるでしょう。
公明党はまだ保守に近いので良しとしても、共産党は革新ではありません。
正に左翼政党で、天皇制を否定しています。
それでいて護憲派で憲法改正には絶対反対を唱えています。
その憲法の1条〜8条は、否定する天皇についての法規にもかかわらずです!

しかし、郡氏が当選してしまったので、愚痴を言っても仕方ない。

所詮は、首長の選挙です。
主義主張よりは、昔から知っていて好きだから、が優先されてしまうのが知事や市長の選挙と言っても過言ではないでしょう!

安倍政権とは直接的には何の接点もありません。
郡氏自身は、この動きが安倍一強を倒すムーブメントになれば、みたいなことを話していたと思いますが、見当違いも甚だしい!

単なる、東北放送という仙台ではもっとも身近なテレビ局の看板アナウンサーだったという人気が今を具現化したのです。
そこを勘違いしてはいけません。

郡氏が政治家としては、まだまだ素人だと私は思っています。
素人が悪いと言っているのではありません。
たくさん勉強して、山積する課題を市政に反映して欲しいと願っています。

kenhappy1 at 00:00│Comments(1)徒然なるままに 

この記事へのコメント

1. Posted by 薮睨み   2017年07月25日 06:28
トランプ大統領と同じで4年後は??
もし変わらなかったら・・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字