2005年08月14日

日本が勝っていたら?

e25e2407.jpg
視点が面白い映画を見ました。韓国と日本の合作映画です。
日本が第2次大戦に勝利し、朝鮮を引き続き統治しているという設定のSFです。
朝鮮の紀元前の遺跡に時間を移動できる扉を開ける鍵が見つかり、初代朝鮮総督の伊藤博文の暗殺を、暗殺者に刺客を送って阻止し、その結果、アメリカとは敵対関係ではなく同盟を結び、原爆をドイツに落とし、第2次大戦に勝利する、という他愛無いシナリオです。
その時間移動で、朝鮮が消滅し日本の領土となり統治されているということを知った朝鮮人たちが祖国解放のために戦い、真の歴史(日本が敗戦)の現代に替える物語です。
間もなく終戦記念日ですが、この映画を見て、祖国解放という怨念が如何に強いかということを再認識しました。
日本は現在、皇紀[日本書紀に記されている神武天皇(初代天皇)即位の年(西暦の紀元前660年にあたる)を元年として起算した、日本独自の紀元表記です]2665年にあたります。この間、他国の植民地になったことがありません。唯一、アメリカ占領軍GHQに6年ばかり統治されただけなのです。民主的に統治されたので痛みはあったとしても怨念などとはほど遠く、怨むどころか感謝さえされたかもしれません。
植民地化されたことがある国の民は、そのことを決して忘れることはないでしょう。正に怨念となって残ってしまうのでしょうね。
植民地化した国の民は、いとも簡単にそんなことは忘れてしまいます。他国が独裁的に自国を支配しているということの痛みが判らないからです。記録を読んで判ったとしても肌で感じることはできません。
間もなく戦後60年です。60年よりちょっと前までは日本は朝鮮を支配していたのです。この現実は忘れてはならないことでしょう。
この映画を見てそんなことを思いました。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月13日

私の中のお盆!

414e79de.jpg私がお盆というものを意識したのはいつからだろう、と考えてみますと、ずいぶんと遅く28歳の時になります。
父が亡くなった翌年の新盆からになります。
それまでは、私の両親が信心深くなかったからでしょうか?お寺にお参りしたという記憶は約28年間で母方の菩提寺に2度くらいのものだと記憶しています。父方の菩提寺には、私が仕事でその菩提寺の所在地に住んでいたということもありますが、父が亡くなる数年前に父と一緒に行ったのが初めてのことでした。28年間で記憶にあるのはたったの3度です。一般の方には考えられないことではないかと推察します。
前にもこのブログで書いたことがありますが、10代の若い頃、私には「家というものがなく気楽でいいよな」と友人によく言われていました。言われればそのとおりで、その地に根ざした実家というものが私にはありません。本籍も実際には家の無い地番でしたし、父方の「おじいさん、おばあさん」は私が物心つくずっと以前に亡くなっていてまったく知りません。一般的な人なら帰るべき田舎があるのが普通ですが、私には父が建てた家しかありません。もちろん父にも帰るべき家はなかったのですが、それも父が家を建てたのは私が17歳のときです。それまでは父の会社の社宅暮らしでした。転勤族で1箇所に何年もいることもありませんでした。
結果、家という意識がなかったのです。
考えてみれば、今も家という感覚は薄いと思います。父の建てた家は故あって売られ、もはやありません。私の家の傍に建てた母の家も今はありません。母は私の家に同居しています。嫁いだ娘たちには私の家がいわば実家なのです。
因果応報で、両親の生き様を自分も受け継いでいるな、と感じざるを得ませんね。幸か不幸か私には子供がありませんので、私自身が体験したこの妙な感覚を子供が受け継ぐことはありません。
「お盆」は父の死後に急に意識したことの一つです。節目節目には菩提寺の墓参りは欠かしません。
いい大人になってからごく普通になった「お盆」です。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月12日

日航123便墜落後!

85849aee.GIF日航123便墜落事故についてもう少し書きましょう。
前述の「ボイスレコーダーと時間軸を結びつけたフライト状況」はリンクに人が集まりすぎたのでしょう。現在は違うものが出てきます。この時期を避けて、しばらく経ってから視聴してください。

20年前の今日、私は32歳でした。この日は千葉の佐倉市在住の姉夫婦と子供たちがお盆休みで実家に来ていました。
17歳の甥と釣りに出かけて帰ってきて夕食が終わった頃、ニュースでこの事故を知りました。
まだ123便が行方不明になっている程度のニュースだったと思います。
この日の6:56に、正確には「高天原山(たかまがはらやま)」斜面、御巣鷹山サイドの無名の尾根だったそうです。ここに飛行機の前部を突っ込む形で墜落、操縦室を含む前部は圧壊、残存燃料が激しく炎上したようです。後部は尾根を飛び越え反対側斜面に飛んで滑って行ったようで、一番衝撃が少なく奇跡的に4名の生存者がありました。
生存者の証言では、墜落当初は生存者がかなりいたようです。
群馬の山奥、墜落場所までどのように行ったらいいのか分からないのが正直なところだったようです。墜落が確定的になった時点で救助隊が出発しましたが、夜間でもあり、場所の特定に時間がかかり、現場到着は翌朝になりました。この時間ロスが多くの生存者の命を奪ったようです。
米軍横田基地が軍事レーダーで墜落場所を特定しており、警察関係に協力を申し出たそうですが、警察はこれを拒否、独自での救助を強行したといいます。こういう人名がかかわることでも「お役所」的な感覚しか持てない日本の官僚体制が致命的なことを生む温床になっています。そして、米軍の協力申し出があったにもかかわらず、それは「誤報=墜落位置を米軍が把握していた」だと発表するありさまでした。今日になって、それは誤報ではなく事実であったと訂正されています。
翌日、ニュースは具体的になってきます。機長、副操縦士、航空機関士の3名が写真入で紹介されました。それを見ていた甥が、「この人知ってるよ」と言い出しました。佐倉市在住の姉夫婦が123便に乗り合わせた「航空機関士=フライト・エンジニア」と友人だったことが分かりました。
この20年、そのご遺族と何度か御巣鷹山に慰霊に訪れ慰め励ましてきたようです。
そんなこともあって、この事故は私の心に鮮明に残っています。単独の事故で520人の人命を失ったのは世界一で、悪い記録を残しました。
どうも最近、日航の事故が目立ちます。小さな事故が大きな事故につながります。
このワースト事故を風化させず、人命最優先で運行にあたってほしいと切に願います。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

迷走の32分間!

e9320a23.GIF38歳から48歳までの10年間は、飛行機にはかなりの頻度で乗っていました。仕事で全国を飛びまわっていたからです。気流の関係でちょっと上下に揺れただけでヒヤッとしたものです。
20年前の今日、520人もの人命が失われた「日航機123便墜落事故」が起きました。
1985年8月12日18:12に羽田を飛び立った日航123便は12分後の18:24に後部圧力隔壁が崩壊、すべての油圧系統が寸断されコントロール不能に陥ってしまったのです。それから32分間ダッチロールを繰り返しながら迷走します。乗客の恐怖はいかばかりであったかと本当に胸が痛みます。
32分間の機長、副操縦士、航空機関士の攻防がボイスレコーダーに残っていて、それと時間とを結びつけて状況を再現して公開されています。
当時を振り返り謹んで哀悼の意を表します!
<32分間の攻防=ボイスレコーダーと調査委報告書を基にしたflash(JAL123便の墜落までの記録>
この「日本航空123便墜落事故」ホームページの一番下の方にボイスレコーダーへのリンクがあります。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(1)徒然なるままに 

1幕は弱いもの虐めの悪代官!

879a60c7.jpgここまで来ると品位のなさを感じてしまいます。何の場面だったかは忘れてしまったのですが、小泉さんのファン(支持)層をアメリカに説明したひとつに「知能指数の低い」方々だというのがありました。それを地で行っているように感じます。
言葉は悪いですが、「男を女で釣るような」品位の無さを感じてしまいます。刺客として女クノイチを送り込んで抹殺しようというのですから。
東京10区「小林興起」氏に環境大臣「小池百合子」さんをぶつけるといい、静岡7区の「城内実」氏に初めての財務省女性主計官「片山さつき」さんを送り込むというのですから。開いた口が塞がりません。
よくよく状況をみてください。今は「水戸黄門」で悪代官が暴れまわっているところです。結末は決まっています。「この印籠が目に入らぬか」なのです。悪代官はきっと裁きを受けます。
それにしても民主党は何をしているのでしょうか?岡田代表のキャッチフレーズは「日本を、あきらめない」です。どうしてこんな抽象的なことをキャッチフレーズにするのですか?小泉首相はそれが良いか悪いかは別にして、「郵政解散」だとはっきり言っているではないですか。「サラリーマン増税阻止」とかもっと国民に分かりやすい具体的なキャッチフレーズを出してください。マニュフェストと言ってもそれを詳しく読む方はそうはいないでしょう。小沢一郎、鳩山邦夫、羽田孜、管直人、これらの重鎮は何をしているのでしょう。もっともっと全面に出て語りかけてください。私は自民党であれ民主党であれ是々非々が信条ですが、今回は強権政治排除が目的です。よって民主党に頑張って欲しいと思っているので、もどかしくてしょうがありません。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月11日

小泉劇場の開演!

fbe0eaf3.jpg郵政民営化法案が参議院で否決されて、ついに衆院が解散され選挙戦に突入することになりました。
8/8に否決されて数日経ちますが、これまでで感じることは「俳優小泉」さんが一か八かの「大芝居」を打ったように思います。不思議と大根役者ではなく今回は名俳優に見えてくるので不思議です。
「俳優小泉」さんは、自分は郵政民営化を掲げて総理総裁になったのだから、党員が自分の公約に従うのは当然だ、との言いようです。一見、正しいように思います。正論に思え、俳優としてかっこよく訴えるものですから、また支持率が10%程度上がったようです。
この人には不思議な魅力があるようですね。普通ならボロクソになってもおかしくない状況だったと思うのですが。
一番の問題は、総裁が右と言えば、党員はすべて右を向かなければならないのでしょうか?右を向かないのならクビだと切って捨てる。ちょっとやりすぎに思えてなりません。もし、このまま小泉さんが選挙に勝つようなことがあれば、自民党すべてが小泉さんのイエスマンになってしまう。不幸な自体になると懸念します。これまでの自民党は良くも悪くも、派閥はチェック機能を果たしていた部分がかなりあります。派閥抗争がニュースになりやすいので、悪い面だけを見せられていました。プラス面もあったのです。
もっとも強力な野党の役目を自民党の派閥は持っていました。現実の野党はどう吼えようとも自民党には痛くも痒くもなかったのですが派閥間はそうではなく強力なライバルでした。今は派閥は風前の灯です。自民党が議員個人の集まりになりました。野党的役割がなくなってしまったことを現しています。ということは独裁的強権の政権ができやすいことを示しています。正に今の小泉政権を見ると如実にそれが分かります。
それを正すのは、自民党の派閥が解体状態なので、政権交代しかありません。それが唯一チェックバランスの効いた正常な政権を生み出します。
「郵政民営化」は分かりますが、私個人の優先順位は「年金・福祉」が一番です。一法案の採決の結果で衆院解散も行き過ぎに思います。すべてが計算の上で「俳優小泉」さんが脚本を書いて自作自演しているように思えてなりません。
この選挙は、日本の政治に正義を取り戻す(強権政治の排除)戦いであると私としては位置づけています。いずれにせよ大変大事な選挙です。投票には必ず行って自分の意思をはっきり示しましょう。これからの日本の政治の在り方を決めるのは投票をする私でありあなたなのですから!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月10日

イナゴの佃煮!

4d450e80.jpeg夕食のご飯の友に田舎の恵みをいただいています。
それは、春に仕込んだ「バッケ味噌」だったり、「紫蘇の実漬け」だったりします。
どれも都会人には美味で、今やなかなか味わえない貴重な食材ばかりです。
家内の親戚が毎年送ってくださるもので、大変ありがたく頂いています。家内に言わせれば、子供の頃は、毎日食べさせられて見るものいや、というものばかりのようです。
昔の知恵で、春や秋の自然の恵みを年間を通じて食べることができるようにした加工品ですね。金さえ払えば何でも手に入る時代ではありますが、毎年決まって食することができる、都会人にとっては何よりありがたい食材です。
先日、家内が毎日作ってくれる愛妻弁当に「イナゴの佃煮」が入っていました。目を瞑って食すると「旨い」、入っていた3匹ともたいらげました。
しかし.....です。私がシングルの頃のことですが、当時は、東北人の私の生活圏の周りには至る所に田圃が広がっていました。夏から秋にかけて、その田圃は小さな生命をたくさん育てます。中でもイナゴは沸いて出るほどぴょんぴょん稲から稲へ飛び回っていたものです。45年くらい前の話しですが、それは当時の大事な蛋白源でした。私自身はサラリーマンの子供なので、イナゴを食べるという習慣はありませんでした。その証拠に、一度イナゴを捕ってきて、母に「これ料理できる」と聞きました。「やってみるわ」ということで、そのイナゴを生きたままフライパンに入れて網帳で蓋をして油炒めを始めました。
流石に、これはダメだなと幼心に感じたものです!(笑)
イナゴは私の幼い狂気を満足させるために利用されました。生きたイナゴをカマキリに食べさせるのです。カマキリは我が意を得たりと貪り食います。そして最後はカマキリ同士を喧嘩させ共食いさせるのです。そんなことをして幼い心を満足させていました。
そんなことがあるので、イナゴが姿そのままにご飯の上に載っていると、どんなに美味しくても拒否反応が出てしまいます。
最初にイナゴが入っていた弁当の次の日もまた「イナゴの姿そのまま」がご飯に載っていました。身震いして、これにはもうダメでした。ピョンピョン跳ねる足もそのままにイナゴそのものがあるのです。
家内にダメだからと告げましたが、どうしてと不満のようでしたが、こればかりは何ともなりません。イナゴに化けて出られそうで!(笑)

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月09日

書き込みスタイル!

1546b8c8.JPG昨年の9月20日からこのブログを書き始めました。
どのような文体にしようかと思案し、これまでのこのブログの自分としてのテーマは「自己主張」でありましたので、強い調子の文語体で行こうと決めて、今日まで書き綴ってまいりました。
日ごろ感じている自分の主観はほとんど吐露しましたので、心の蓄電池は現在カラッポです。また、心の蟠りが解かれてある種の満足感も得ております。
今後は、「自己主張」には変わりありませんが、目線を変えて穏やかに心の情景を綴って行こうと思っています。
これまでこのブログを尋ねていただいた方には文体の変化に驚かれるかもしれませんが、人間は多様な生き物で文体一つで違って見えてきたりもします。どれも偽りのない自分、私を現しておりますが多様性に免じてお許しください。

今、レコードを聴いています。「日本の詩情」という2冊のブックタイプの立派なアルバムです。「山田耕作」の「からたちの花」が聴こえています。
心が穏やかになりますね。本当の日本の詩情歌です。現代人は忙しすぎて、このような日本の歌をゆったりと聴くことなどなくなってしまったように思います。「荒城の月」に変わりました。日本人なら誰もがよく知っている「滝廉太郎と土井晩翠」の歌ですね。
この全集は私の持ち物ではありません。私の家内が私と結婚前に買い求めたものです。全集には昭和49年と記載されています。私が大学3年生21歳のときですね。家内は19歳でした。このレコードを聴くと家内の人となりが良く分かります。とても日本的な女性です。逆境によく耐え、常に前向きに生きようと必死で頑張っています。受け止めてそっと抱きしめてあげたいと思いますが、勇気が出ない情けない夫です。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月08日

郵政民営化法案否決!

91698532.jpg先ほど、参議院で「郵政民営化法案」が否決された。
17票の大差だった。
郵政民営化には大筋賛成だが、しかし....!という意見が多かったと思う。
日本は議員内閣制、政党政治である。党を無視して強権に走れば何事も上手くいかないのは当たり前のことである。
民主主義は融和が最優先である。
参議院は良識を示した。独裁的な強権政治は許さない、という結論を出したのだ。
日本の健全な民主主義が政治を守ったとも言えないか!
いい結果だったと個人的には思っている。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

ブラザーフッド!

77f2245e.GIF昨夜、もう1度鑑賞してみた。また泣いてしまう。分かりきってはいるのだが泣いてしまうのだ。
とにかくいい映画だ。
この映画を見ると「スピルバーグ」の「プライベートライアン」を思い出す。最初と最後の映像の手法が似ている。「カン・ジェギュ」監督は「プライベートライアン」に影響されていると確信する。その部分は「プライベートライアン」の方がずっと洗練されているが、「ブラザーフッド」もなかなかいい。
どちらも戦争の悲劇、無意味さを如実に表現している名作である。
日本映画には、どうしてこのような世界に通じる映画が少ないのだろう。「プライベートライアン」と比較されるような、どんな名作でもいいのだが、比較できるような作品がなかなか生まれてこないように思う。それほど映画を見てはいないので断言はできないのだが!
映画で韓国の底力が見えて、日本の今が憂いてならない。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月07日

韓流!

092b9649.GIF涙なしには見られなかった。オイオイ泣いてしまうのだ。
戦争の不条理を朝鮮戦争によって翻弄される兄弟の悲劇を家族愛と共に描いた名作である。
正に韓流、韓流が世界を席捲した。日本映画は殆どが日本人が見るための映画に思えるのだが、韓流は世界の人々が見るための映画である。素直に賞賛できる。
「ブラザーフッド」掛け値なしの感動作である。
家族の幸せにイデオロギーは関係がない。母が恋人が兄弟が心の温かさで一つになり慎ましく暮らしていたが朝鮮戦争が勃発、意に反して2人の兄弟が徴兵されてしまう。激しい戦闘の連続の中、兄は弟を除隊させ家族の元に帰したいと願う。武勲を称える最高の勲章を得ることで希望が実現することを知る。
決して資本主義や共産主義のイデオロギーで戦ったのではない。家族のためだけに戦ったのだ。勘違いにより見方に恋人を殺され、弟も殺されたと思い込んだ兄は、南から北へと所属を変え狂ったように殺戮を繰り返す。
無意味な戦争に2度と翻弄されてはならないと平和の意味を思い、不戦の誓いを新たにするに十分な感動作である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月06日

政界再編!

707707d5.jpg郵政民営化法案の参議院本会議採決が8/8に行われる見通しだ。反対派が俄然優勢で否決の可能性が強い。
衆議院議員は地元に帰って準備に入ったようだ。
総選挙になった場合の次期政権はどうなるのだろう。
素人が想像しても仕方ないことだが、自公、民公でも過半数に達しない場合には、様々な組み合わせがでてきて政界再編に結びつくかもしれない。
この場合は、今回の自民反乱軍がキャスティングボートを握る可能性も出てくる。細川日本新党(当時30議席)が政権を取ったときのように。「平山赳夫」や「野田聖子」首相が誕生するかもしれない。
あるいは、どこも中途半端な数で、自民、民主が大きく割れて政界再編につながる可能性もある。
選挙になれば、もともと自民は分裂だし、民主も右から旧社会党の極左までいるので、両者入り乱れて再編となる可能性もあるはずだ。
役者の小泉首相もパフォーマンスを見せるかもしれない。8/15に靖国参拝を強行する可能性大だ。この人、40%台の支持率に酔っているのかもしれない。選挙で勝つと本当に思っていて、実は解散を望んでいるのかもしれない。いろいろ考えると不謹慎だが面白い。
次の政権に相応しい人は誰なのか?このような激動期は若手のホープよりは古狸がいいと自分は思う。
2年のピンチヒッター的な政権でいいと思う。閉塞状態の東アジア外交に道を付け、疲弊した経済を立て直すビジョンをきっちり示す有言実行型の実力者がいい。
「小沢一郎」が適任だ。最後のチャンス、最後の国民へのご奉公をして欲しい。その後、若手のホープにさっと引き渡す潔さも持っていると思う。
いずれにしても総選挙になったら、必ず投票行動をして欲しい。自分の意思をきっちり国政に反映させて欲しい。
これからの日本を創る大事な選挙になるだろうから!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:16|PermalinkComments(1)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年08月05日

yahooオークション!

f070c0b6.jpgyahooオークションを機会あるごとに利用している。
オークションというとアンティークな物を想像しがちだが、むしろそちらは全体的には少ないと思う。新品、中古に限らず一般的な商品が出品されている。値段は市価よりもかなり安く落札されるのが常だ。上手く利用すれば得をする。逆に市価をよく調べて分かっていないとそれよりも高い額で落札してしまうこともあり得るので注意が必要だ。安いのは、倒産してしまった会社の在庫品だったりで訳あり商品だからだと思う。それでも商品そのものは何の問題もない。
中には明らかに法律違反品を出品している輩もいる。それはソフトウエアが殆どだ。OSのコピー品だったり、体験版のパッチ破り品であったり、俗に言うVL品(学校などの団体を対象に配布されたソフトで認証などはその団体がしているので必要なくなる)を大量コピーしたもの等々。枚挙に暇がないほとオークション内に溢れている。
WindowsのOSが¥2000だったり、何万円もするソフトが¥3000だったりと破格の値段である。
yahooが近々規制に動くと噂で聞いた。きっちり対処しないと日本という国の品位が疑われかねない。世界にビジネスを展開しているメジャーなyahooの日本版でこのような不正があるのだから。きっと世界的な傾向だとは思うが、「悪貨は良貨を駆逐する」こうならないようにして欲しいと切に願う。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月04日

郵政民営化法案の攻防!

42152462.jpg8/5(金)委員会採決、8/8(月)本会議採決、この流れで決まったようである。
8/5にもし委員会採決で否決されれば即解散に打って出る腹づもりのようだ。
案外、小泉首相は解散をやりたがっているのかもしれない。
それは反対派の排除のためである。やってみなければ分からないが、選挙に勝てる公算を小泉首相は五分五分とみているようでもある。もし、自民党が公明党と連立を組める程度の数が取れれば、小泉政権は小泉純潔政権となり、小泉色一辺倒となってしまう。小泉首相はそれを狙っているのかもしれない。もし、そうだとすれば稀有の権力志向の強い一発勝負のできる首相である。
しかし、世論はここいらでガラガラポン、新しい政局を望んでいる。ポスト小泉は誰なのか?
民主党が勝てば「岡田政権誕生」となるのが筋だが、潜っている小沢一郎も魅力がある。この人、自民党時代もよく潜った人だ。
自民、公明連合軍が勝てば、様々な選択肢が出てくるだろう。前官房長官「福田康夫」、前幹事長「安部晋三」、そして総務大臣「麻生太郎」、財務大臣「谷垣禎一」こんな顔ぶれが現在の小泉政権の流れをくむ方々だ。
もし振り子が現政権を嫌い新生ニューリーダー(とは言っても中2階だが)となれば「平山赳夫」、完全に2階に上がってしまったが「亀井静香」、郵政民営化法案反対派ではこの2名である。
どこに落ち着くのかは分からないが、流れは解散である。
石原都知事も見過ごせない。平山、亀井でまとまらず、第3者的になったときに石原都知事もあり得るのではないか。
自民党両院議員総会で、小泉総裁降ろしの風が吹くかもしれない。そのときは反対派が正当自民党と言って選挙に突入かもしれない。どうころんでも自民党分裂選挙は逃れられないような気がしている。
選挙結果がすべてだ。もし解散総選挙になったら、必ず投票に行って自分の意思を示して欲しい。
新生日本の基を新たにする好機である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 03:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月03日

ヒストリーチャンネル!

c82e178c.jpegスカイパーフェクTVに「ヒストリーチャンネル」というドキュメンタリーチャンネルがある。
好きで毎日視聴している。
終戦記念日が近くなると、「東京軍事裁判」や「太平洋戦争全史」など第2次世界大戦のドキュメンタリーを多く放送するようになる。
正に紛い物ではない真実の戦争がそこにはある。火炎放射器で焼かれた無残な死体がごろごろところがっている。モザイクなどは入らないそのものの映像である。戦争の記録は、そのほとんどが戦勝国のアメリカが記録したものである。日本側から記録したものは皆無である。そこだけを見ても戦争には負けていた。日本の場合は記録しても見せる対象がないのだ。国民には情報統制のもと真実はいっさい伝えられていなかったのだから。
硫黄島決戦、沖縄決戦等々、正に悲劇がそこにある。日本軍の万単位の戦死者に対し、アメリカは千単位で死者の数だけはアメリカより上だった。
百害あって一利なし、戦争の不条理さを肌で感じることができる。これからの日本を背負う20代の若者にぜひ見てほしい真実の記録である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年08月02日

ガラスの心!

c4a71cae.jpg自民党の永岡洋治衆院議員(54)=茨城7区(亀井派)が自殺をした。心からご冥福を祈る。
郵政民営化法案の採決をめぐっての攻防で疲れ果ててしまったのか?病的に思いつめなければ死までは行かず思いとどまるのが普通のことだが、人間の心の脆さをよく現している事例である。誰もが持っているガラスの心の部分が何らかの重圧に耐え切れず割れてしまったのだ。
昨日に書いた「杉山登志」の事例と本質は変わらない。
政治家には向かない方ではなかったか?政治家には何があっても動じない図々しさが必要である。純な心よりも、これ以上汚れようのない泥まみれの心を良しとする、ある意味で達観したところがないと苦しむことになる。そう自分は思うのだが如何なものか?
それにしても、自殺者を出すほど「郵政民営化法案」は、この国会で決着をつけなければならない問題だろうか?
政治家が信念を貫くことは好ましいことではあるが、政治の頂点に立つ者が信念だけを貫けば国を危うくする。自ずとその政治家の置かれた立場によって小異を捨てて大道につかなければならない。過去における日本の指導者はきっとそうあったに違いないと確信するのだが?
一昨日も書いたが「殿ご乱心」に思えてならない。
小泉劇団の「田舎芝居」もここまで来たか、という感じである。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(2)徒然なるままに 

2005年08月01日

杉山登志

a4c72c7d.jpg吹き出る汗、輝く光、美しい女、生っぽいリアルな映像が印象的だった。夏によく調和したドキッとするような映像。60年代〜70年代初めにかけて活躍したCM界の鬼才、杉山登志のCM映像をこの季節になると思い出す。もう30年も前のCMだが鮮明にイメージとして焼きついている。主に資生堂の化粧品のCMだった。
商品を際立たせる鮮やかな映像は、紛れもなく彼の感性そのものなのだが、彼にとっては紛い物以外の何者でもなかった。真の正直な自分とはかけ離れた世界が映像にはあったのだ。素晴らしい作品を世に出せば出すほど、作品と彼の心は修復できないほどかけ離れて行った。
「自分が削られていく」どうしようもない切なさを自業自得と彼は言った。
「リッチじゃないのにリッチな世界は分かりません」「ハッピーじゃないのにハッピーな世界は描けません」「夢がないのに夢を売ることなどは…とても」「嘘をついてもばれるものです」そのような言葉を残して1973年12月、彼は自殺した。37歳の若さだった。
富と名声を得て、何の不自由もなく生活はしたが、ガラスの心は、騙しの疚しさに耐えかねて割れてしまった。純な心が誰にも真似のできない芸術を生み出したがCMという虚構を創り出すことに疲れてしまったように思う。
芸術家の素晴らしさと危うさを理解させるに十分な悲劇だった。

★人気blogランキング:押してね!


kenhappy1 at 01:18|PermalinkComments(1)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月31日

殿ご乱心!

fb56f2ad.jpeg最近の小泉首相を評して加藤紘一衆議院議員が面白いことを言った。殿ご乱心である。「自分の言うことを聞かない子供に対して、自分の家にガソリンを撒いて、言うことを聞かなければ火を点けるぞと脅している。驚いた女房(山崎拓議員)がまぁまぁと必死に宥めている。」そんな感じである。
話だけ聞くと笑い話になるが、よく今の状況を言い当てていて笑うに笑えない。
国会の私物化、国会軽視も甚だしい。逆を言えば、小泉首相の一人芝居におどおどしている国会議員が情けなくもある。
自分の首の安泰だけを望んで動いているように見える。国会議員はその主義主張の一貫性で国民に選ばれ国政に当たっている。首の安泰は二の次であるはずなのだ。
今回だけは選挙の優劣に左右されず自分の信念で「郵政民営化法案」の採決に望んで欲しい。
国民は見ている。国会議員たるあなたの主義主張の一貫性を!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月30日

My DTMの変遷!

5f782cc2.jpg1985年頃だったと思う。Rolandで出している「ミュージ君」というDTMパッケージを初めて買った。MPUというサウンドボードとMT32という音源、それにシーケンスソフトがセットになったDTM(デスクトップミュージック)だった。8ビット対応で、同時発音数は16音だったと記憶しているが、それまで聴いたことのないほど素晴らしい音がした。5年くらい使用したと思う。
その後、「ミュージ郎」というバージョンアップしたものに替えた。ハードはPCIバス用のS−MPUというサウンドボードになりMT32はそのままで、16ビット対応になった。NECのPC−9800で長く使用した。
旧型パソコンはIBMのDOS/V機に吸収されて行き、1995年頃に主流になっていたWindows3.1でWindws95アップグレイド付きという富士通のFMVを買った。
その後のPCの進展は急激かつ目覚しく破竹の勢いで前進する。1995年頃に、現在のSC−D70という音源に買い替えてハード音源はその後買い替えてはいない。
ハード音源は必要条件ではなくなったからだ。ソフトウエア音源が普及し、ハード音源がなくてもDTMが楽しめるようになったからである。32ビット、同時発音数256音などというのは当たり前になっている。豊かなオーケストレーションが可能になった。
こちらの進歩はさっぱりで、せいぜい使っても16音でチマチマと楽しんでいる。
楽器がなくても、あるいは弾けなくてもパソコンとDTMソフト、今はDWA(デジタル オーディオ ワークステーション)というが、これさえあれば一端の音楽家になれる。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オリジナルソング 

2005年07月29日

遅い梅雨明け!

14769645.GIFまだ梅雨が明けていない、8月2日くらいになりそうだとのこと。1950年からの統計で1番遅い梅雨明けは8月9日、一番早いのが7月5日のようだ。「特定しない」というのが3回ある。比較的近年のことである。気候が可笑しくなっているのは統計からも読み取れる。例年の平均梅雨明けは7月23日である。殆どは21〜26日の間に明けている。
今年は空梅雨かとも思ったが、7月になってけっこう降っている。遅く降りだした分、明けるのも遅いというわけか?台風が去って、宣言がでるかと思ったがダメだった。週末はまた天気は悪くなるとの予報である。
仙台の梅雨は半端ではなく陰鬱である。梅雨寒で例年ストーブのお世話になることも多い。
1日でも早く梅雨明け宣言が出て欲しい。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月28日

季節を告げるもの!

167e2e3d.gif50歳を過ぎるとシングルからローティーンの頃を思い出すことが多くなった。
この季節、氷屋が氷をトラックに積んで売りに来たものだ。電気冷蔵庫などまだない時代。氷で冷やす小さな小さな冷蔵庫だった。今の単身用の冷蔵庫の高さが半分くらいのものだ。そこに氷一貫目を入れて冷やすのだ。暑い日は半日も持たずに溶けてしまう。今度は氷屋まで買いに行く。そんな風情だった。ところてん屋が軽やかに「ところてん、ところてん」と声を出しながら自転車で売りに来る。器用に木製の隙目のある型にところてんを押し込んで先が平たい矛上のもので押し扱くのだ。つるつるつるっと差し出した受けのどんぶりにところてんが流れる。家に持ち帰る間にちゅるちゅるちゅるっと吸い込む、旨い。
いずれもここそこにあった珍しくもない夏の風情である。
今はそんな風情は皆無となった。氷は電気冷蔵庫に、ところてんは近くのスーパーに取って代わられた。それが悪いということではないのだが、一抹の寂しさを感じてしまう。
窓を開け放した縁側で内輪を片手に暑さをやり過ごしたりしたものだが、今は近所の手前そんなこともなくなった。
ビル風の熱風からは風情など感じるはずもなく、都会の喧騒がゆったりとした日本の情緒を消し去った。
昔に郷愁を感じセンチメンタルになること自体、もはや旧型人間の証である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月27日

そろそろ就寝時間!

07cc98af.GIFAM3:00寝る時間がきた。
今気づいたが26日が歯抜けになってしまった。何の気なしに油断しているとポカをやる。今回を含めて2度目だ。毎日欠かさず何がしかのコラムを書いているので、すっぽかすと気持ちが悪い。記事の数は1日に数回書くこともあるので足りてはいる。このブログも11ヶ月経過した。7月末で334日である。それ以上のコラム数があることになる。「継続は力なり」とはよく言ったものだ。物書きは好きなほうだが、300以上の記事を毎日書くのは簡単なことではない。題材も多岐に渡っている。1冊の本にまとめても面白いものが出来上がることだろう。
「今、生きている、その日に感じた心を綴ろう」正にそのままを行っている。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 03:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

ディスカバリー!

908d807d.jpgスペースシャトルディスカバリーが先ほど7/26、23:30過ぎに打ち上げに成功した。野口聡一飛行士もほっと安堵していることだろう。だいぶ待たされての打ち上げだ。
アポロで月を目指していたときには、打ち上げが遅れることはあまりなかったように思う。決して慢心ではあるまいと思うが、どこか歯車がかみ合わなくなっているようにも思う。
事故も何度かあったので慎重には慎重を重ねてということなのだろう。何事も安全第一である。
ブッシュ大統領が2020年までに火星に人類を送ると演説で明言した。ケネディーが月に人類を送ると演説したときの素晴らしさとは雲泥の差だが、自分が生きている内に人類が火星に降り立つのを夢見ている者としては嬉しい限りである。1996/12/20に亡くなられたカール・セーガン博士が、地球軌道を回るだけの今のスペースシャトルに批判をこめて「地球外=火星=を目指すべきだ」と言ったことはよく知られている。アポロの後にずっと火星を目指していれば、今頃は火星に降り立っていたかもしれない。1969年に人類は月に立った。もう36年も前なのだから。
自分が火星に行けるわけではないが、人類の礎としてロマンがある。後15年、自分は60代後半だ。それまでは何としても生きていたい。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月25日

楽天イーグルス!

5c7951f4.JPG行って来たよ楽天イーグルス、フルキャストミヤギ球場へ!
いやぁ、活気があったね球場は。ここだけは不景気なし、みたいな熱気だった。弁当など食材が売れる売れる!
ビールの売り子さんも各メーカー取り揃え好みもOK、キリンにエビスをいただいた。おまけに日本酒も冷で一杯。声と体で発散するので、さっぱり酔わない。
楽天はいつものように負けてしまったが、そんなことはいいよ、楽しめた。
テレビでは味わえない雰囲気を肌で感じて来た。
また機会があったら行くぞ!
イーグルス、イーグルス、イーグルス、楽天イーグルス!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月24日

アスベスト!

a489048b.jpeg1985年頃に損害保険業界ではアスベストを既に保険から免責条項を設け担保しないことに決めていたという。1970年代の新聞は既にアスベストの有害性を論じている。今の新聞記事と見紛うほどの同一性があるという。
政官財の癒着が疑われる。アスベストは建築にはなくてはならない建材だったという。髪の毛の5000分の1という細さ、そして鉱物(石)なので硬い。それが肺に刺さり、永久に残って、肺がんや中皮腫の原因物質となる。発病するまでの潜伏期間は10年単位と長い。
宮沢内閣時代に、社会党がアスベスト製造禁止の議員立法を提出したが、自民党が潰し議論もさせなかった。そこには当時のアスベスト協会や建設業界と政管が利益優先にことを運んだ結果が見える。その当時にヨーロッパやアメリカでは製造が禁止になったと聞く。HIVのときもそうだが、日本の政官財の世界では国民の基本的人権を軽視する輩が多すぎるのだ。宮沢内閣時代に、社会党が提出したアスベスト法案を阻んだ自民党議員は誰なのか、廃案に追いやった人物を明らかにし、事の顛末を明確にさせるべきである。そこから日本の政官財のあり方を徹底的に見直さなければならない。
アスベストで死亡した方々は直接アスベストに携わった方々ばかりではない。家庭にいて、ご主人の衣服を洗濯し、そのときにアスベストを吸ってしまったであろうと思われる主婦もいる。恐るべき物質である。
自分の家の天井はどうなっているのか。断熱材でアスベストが使われてはいないだろうか?心配である。
今は、郵政民営化などと騒いでいるときではないのだが、呆れてしまう。
とにかく、こうなったら小泉内閣打倒で、新しい政治を作りたい。民主、自民がバラバラになって、再度まともな政党ができることを切に願う。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月23日

家電!

a3148acb.GIFパソコン関連商品を買うために量販店によく行く。ついでに家電売り場を眺めてみる。液晶テレビやプラズマテレビが華々しく売り場を飾っている。1インチ1万円まで下がってきたようだが、まだ高値の花ではある。通常型のハイビジョンテレビは10万円強で買える。パソコンに10万円くらいはそれほど惜しく感じないが、テレビとなると躊躇する。
エアコンや冷蔵庫や洗濯機など白色家電は殆どの家庭に普及していて、買い替え以外ではそれほど売れない。また、随分と丈夫になった。我が家ではテレビが買い替え時期に来ているくらいで、他はまだまだ何年も持ちそうだ。テレビは1990年制である。まだしつこく見ている。
5年前には長く使っていた家電がけっこうあったが、ここ5年で代替が済んでいる。そんな状況を5年前に「詩」にしている。

<伴侶>
クーラーにテレビ
温風ヒーターにピアノ
ダブルベッドにダイニング
ギターにレコードプレーヤー

妻と暮し始めた部屋に共にあり
まだ現役で活躍している物である
いわば我々夫婦と20数年にわたり
苦楽を共にしてきた仲間なのだ

クーラーはまだ冷えるが
換気ファンと
それを繋ぐパイプが腐食してしまった

FF温風ヒーターはかなりの旧式で
大食漢で燃費が極端に悪くなった
据付なので場所を有効に使えないし
いろいろな物をぶつけてしまい
燃料タンクの
格納スペースの蓋が激しく凹み
タンクの納まりが悪い

テレビはちょっと見用に使用していたので
まだまだ色落ちしない14インチである
普段は29インチを使用している
むしろこちらの方が色が崩れて
10年目でも早危ない

ピアノにダイニングは
流石に重量感があり
まだどっしりとしており
十分現役続行可能である

ギターは独身のときからの物だが
弦の巻き取りレバーがいかれ気味で
まだまだ使えるが修理が必要である

レコードプレーヤーは
回転テーブルのゴムバンドが
腐食してボロボロになり
新品に取り替えたばかりで
快調に駆動している

ダブルベッドは
転居の度に
組み立てとバラシを繰り返し
ネジがなくなってしまった個所もあり
完全な形を留めていないが
まだまだスプリングのヘタリもなく
現役続行中である

その他にも生活用品は
多々あったが
20数年という歳月が
殆どの物を消滅させた

曲がりなりにもまだ現役の
我々夫婦と苦楽を共にしてきた
長生きの物達には頭の下がる思いである
これからも機能が潰えるまで
使ってあげよう

この長生きの伴侶を眺めつつ
「あなたとも長いはねぇ」と
溜息を付きながら
我が伴侶がのたまう

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月22日

校歌3!

88a9ae4b.GIF先輩の依頼により、男声合唱の各パート演奏、パート譜まで作ってしまった。
大学時代はDTMなどという便利なものはなかったので、各パートの音取りはピアニカ(今はあまり見なくなった)を吹きながら奮闘したものだ。1曲の音取りにかなりの時間がかかった。今は昔、懐かしい思い出である。
男声合唱の各パートはどうなっているのか興味がある方はお聴きあれ!

<千葉商科大学校歌>

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月21日

ガラガラポン!

734755c1.gif民主党は8月10日、自民党は8月5日に参議院の郵政民営化法案採決があると踏んでいる。民主党の場合は参議院否決、解散があると見て、選挙準備の関係で1日でも遅い方を望んでいるようだ。
今、片山自民党参議院幹事長が郵政民営化に反対の勢力に対して、解散は自民党の分裂選挙になり、漁夫の利を得るのは野党だ、として盛んにけん制している。それは議員から見た考えであって、ここまで来たらどんなに厳しい経済、外交状態にあろうと、一度「ガラガラポン」で大政局にして欲しい。
自民党も民主党も左から右まで幅が有り過ぎ、共通の理念で政治ができない八方塞がり状態に見える。「ガラガラポン」は、少なくとも今の閉塞状態を改善できるチャンスではある。
バブル崩壊から10年、国内経済はこれまで経験したことのない停滞デフレである。外交は中国、韓国、北朝鮮包囲網に過去の戦争に根ざした謂れなき圧力を受けている。
小泉首相の金の臭いのしないクリーンなイメージだけでは腹は膨れないことがよく分かったのではないだろうか。彼の政治は政策看板だけのイメージの植え付け、マインドコントロールに似た手法である。国民は名俳優の演じる舞台や映画を観て踊らされているのだ。精神は満足しても実はない。そもそも政治に俳優はいらないのだ。
増税が頭を擡げてきた。税制調査会長は、国の財政が火の車のときで、サラリーマンに頑張ってもらう旨、発言した。とんでもないことだ。火の車にした張本人はいったい誰なんだ、と叫びたくなってくる。企業でもよくある話だ。会社がこんなにひどい状態だから経費節減、リストラと喧しい。会社をそのような状態にしたのは下部で働く社員ではない。会社幹部に他ならない。本末転倒も甚だしい。
解散大政局万々歳、すべての有権者が関心の持てる選挙はここ何年もなかった。投票をして自分の意思をきっちり政治に反映しようではないか。
これからの日本は、そこから始まる!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月20日

校歌2!

bf6d0585.GIF大学校歌のDTMがやっと完成した。やっとのワリにはさっぱりであるが、これも仕方がない。適当なところで妥協である。
ひとまず良しとしないと何日も掛かってしまう。
下手糞だなぁ、と自分でも思う。もっともっと音出しを研究しないとダメである。
下手でも興味ある方はお聴きあれ!

<千葉商科大学校歌>

★人気blogランキング:押してね!


kenhappy1 at 02:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月19日

校歌!

c2355afa.GIF皆さんは「校歌」を何曲覚えておられるだろうか?
小学校、中学校、高校、大学と一番多い人で通常は4曲だが、転校などした場合は増えてくる。
自分の場合は小学校2つ、中学校2つ渡り歩いているので、6曲になる。完全に覚えているのは2曲だけだ。他は一部分だけで忘れてしまっている。
最初の中学校と大学の校歌は自分が思うに名曲で、完全に覚えている。中学校校歌の歌詞は1番だけしか覚えていないが曲は完全にマスターしている。大学にいたっては、グリークラブだったので、楽譜を持っているので、忘れるはずもない。
このブログ、いつもは夜中に更新するのだが、昨夜はこの大学の校歌をDTMでブラスバンド風にアレンジして編曲していたので今になった。
できあがったDTMのMIDI音楽はグリークラブOB会のHPにアップすることになっている。
合唱で入るのが一番良いが、過去の適当な録音がみつからないので仕方ない。
まだ完成していない。今夜また夜なべである。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月18日

宇宙・人生・愛!

6144d7a5.jpgちょっとカッコいいが、「宇宙・人生・愛」が自分の詩のテーマである。誰が著すどんな詩もこのテーマに当て嵌まると言えば当て嵌まる。便利なテーマだ。300編くらいの過去に書いた詩を持っている。このブログでもかなり紹介してきた。今後も過去の作品だがブログで紹介していこう。

<永久の愛>

本当にこの人でなければ
駄目だったのだろうか
この日本だけを考えても
異性は有り余るほどいるというのに
どうしてあなただったのだろう 

早20年が過ぎた
今は掛け値なしの愛に支えられて
お互いに生きている
どんなに喧嘩をしても
お互いの愛を信じて疑わない

振り返るに
愛は絶対ではない
出会いがあり恋をして
恋愛となるが
それはガラスのように
割れやすく柔軟性に欠ける
 
割れてしまえば
修復は不可能となり
新たなガラスを入れ替える
それは何度繰り返しても
飽くことがない

しかし.....
愛をささやく心が
肉体の五感を呼び覚まし
恍惚が脆弱な心を凌駕する
 
心よりも肉体がお互いを求め
心身共に同化して情となる
 
情はすなわち愛であり
それは愛しいと思う心
そのものである
 
恍惚の愛に支えられ
心の愛は育まれる
 
始まりは誰でも良かったのだ
しかし心身ともに育まれた愛は
二度と離れることのできない
あなたを創り出す
それが永久の愛である

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月17日

野球観戦チケット!

45fc8c9f.jpeg何年振りだろう?もう40年は経つだろう。地元の楽天イーグルスと北海道日本ハムファイターズの試合を7/25に観戦することにした。プロ野球を球場で観戦した記憶は「国鉄対大洋」今のヤクルトスワローズと横浜ベイスターズのはるか昔の球団名である。小学校の時だから40年は経っていることになる。地元に球団ができるということは経済波及効果もかなりのものである。40年ぶりに球場に足を運ばせるのだから大したものだ。俗に言う「砂被り席」を取ろうと思ったが既に満席だった。バックネット裏で我慢する。それでも2番目に良い席である。ローソンチケットで予約した。7/25の試合は今日からチケットを受け取ることができるので、予約できるぎりぎりの日だった。滑り込みセーフといったところだ。ネットで予約ではなく、ネットで案内してある空席状況、料金表をみながら、専用自動応答電話で予約するのだ。面白いことに料金の高い席から満席になっている。予約している方々は、きっと年に何度も観戦しているのではなく、このときとばかりに奮発しているのだと思う。自分もそうだから!(笑)自分の仕事は月曜日が定休であり、きっと月曜日ということで空きが多かったのかもしれない。たまたま家内が日本ハムの新庄ファンなので、月曜日に日本ハム戦を観戦できるのは丁度良かった。カラスコも見たいという。フルキャストミヤギの7回の名物になっているようだ。フィールドでやんちゃなワルをして楽しませているようだ。
本当に久しぶりに球場の生の感触を肌で味わえることだろう。今から楽しみである。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:54|PermalinkComments(2)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月16日

レコードプレーヤー!

635ec6ac.jpeg20代の前半に買ったYAMAHAのステレオコンポに付属していたレコードプレーヤーをつい最近まで使っていた。ラックに据え付けられていたプレーヤーで、このレコードプレーヤー以外のアンプやラジオチューナー等はとっくにお払い箱になったが、次の代のステレオコンポの時は、CDプレーヤーに取って替わられていて、レコードプレーヤーは付属していなかったので、そのレコードプレーヤーをラックから外して、裸で使っていた。回転台のゴムバンドがブヨブヨになって使えなくなったときもある。方々探して、やっと見つけて、しつこく使っていたが、さすがに25年以上経過してくると機械的にへたってしまい、使用を諦めることになった。
もうレコードの時代は何年も前に終わっていて、日常的にレコードプレーヤーを使っているのは、一部のマニアくらいになっていると想像する。そういうことで需要があまりないからか、趣味的要素が増したためか、単体でのレコードプレーヤーの価格がバカ高である。いわゆるカートリッジ方式のレコードプレーヤーである。自分が社会人になりたての頃は、このレコード針付きのカートリッジを何本も集めているマニアをよく見かけたものだ。
必要に迫られて探したのだが、プレーヤーだけに10万円近い金額を支払うのは、自分の感覚では良しとしない。そこまでマニアではない。
探すうちに、レコードプレーヤーの簡易型があることを知った。本当にチャチな作りのプレーヤーである。かなり昔、スピーカー付きのポータブル型のプレーヤーがあったものだ。
レコードに掛かるアームの部分など正にこれを思い出させる。1万5千円程度で買えるのだ。各メーカーから売り出されていた。致し方ない、これを買った。
やはり音は軽く重量感がない。オンキョウのミニコンポだが、普及型で数万円で買えるものなので、こちらももともと素晴らしいという音でもない。
ということで、以前に比べればレコード鑑賞の環境は低レベルになってしまった。これも時代の流れでごく自然なことかもしれない。
秋葉原では真空管付きの中古のアンプが売れているそうである。音を追求することにおいて、アナログの良さに魅せられているマニアが多いと聞く。デジタルでは人間の耳には聞こえないだろう高音部と低音部がカットされている。しかし、音でも光でも聴こえない、あるいは見えない筈の音や光が立体的な深みを与えているように人間の五感は感じ取るものである。男声合唱が深みのある音になるのは、発生している音以外に倍音というあいまいな音が響いているように聴こえるからである。また光では、はっきり見えないものが見えるという現象を天体望遠鏡で体験した方が結構いると思う。人間の目は淡いものは目の端で感じるようにできている。じっと見つめてはダメなのだ。難しいが見ようとする対象を見ないようにちらっと目の端で見るのだ。ぼわ〜っと見えないものが見えて来る。例えは悪いが、見えないものが見えるような深みをアナログは具現化するのだ。
そんなこんなで、レコードは捨てがたい。音出しの機材は貧弱だが、立派なアナログではある。
これからも末永くレコードを聴くことにしよう!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月15日

懐かしい日々!

68799011.JPG普通なら皆さん寝ている夜中である。
この時間はまだ自分にとっては大切な自分一人の時間なのだ。
加山雄三のレコードを聴いている。もう35〜40年近く前のレコードである。いいなぁ、と心から思う。音楽は当時の心の有様をまざまざと思い出させてくれる。頭で思い出すというのとは違う。これらのレコードを聴いたその時を五感で感じることができるのだ。メロディーと和声がスッ〜と心を12歳に連れて行く。心に匂いや色があるならタイムマシンで過去に帰ったように当時と同じ匂いや色に染まるのだ。
こんな心境を読者はお分かりになるだろうか?
音楽には曲の良さばかりではなく、時代を映す鏡にも成り得る良さがある。
加山雄三のレコードは、ローティーンの純粋を呼び起こしてくれる自分にとっては珠玉の歌である。
今夜は12〜14歳の自分に返って老いた心に爽やかな風を送ろう。心は少年そのものである!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

他国から見た日本?

9f1478ea.jpeg北朝鮮核問題での6ヶ国協議再開について日米韓で事前協議が行われた。拉致問題は核問題解決の障害になるので協議の場に持ち出すべきではないとの結論のようだ。日朝二国間の問題であるから6ヶ国協議とは別枠にしろということである。北朝鮮が日朝二国間協議に応じるとは到底思えない。それ故に多国間で北朝鮮にプレッシャーを与え、懐柔させようというのが日本のとるべき道であり戦略でもあるはずだ。しかし、この拉致別枠協議を受けざるを得ないような状態が、そのまま日本の外交の立場を如実に示している。事ほど左様に、日本という国は他国から軽んじられているのだ。それは外交とは力関係で動くということでもある。日本は世界第二位の経済大国で経済力では群を抜いている。しかし、戦争放棄の憲法の下、軍事力では実質ゼロなのだ。世界第七位くらいの装備は持っていても、攻撃兵器は保持していない。戦闘機は持っていても、それからミサイルを発射できる装備は持っていないということである。
国家の意思が世界平和の希求であるという崇高な理想が、真実のことであったとしても、外交では軍事力の優劣が事を決することが殆どである。故に、日本の言動が受け入れられることは殆どないと言っても過言ではない。
独立国家として、一歩踏み出して、集団的自衛権を認め、憲法9条を改正して、自衛隊を防衛軍に格上げすべきと自分は思う。
現実的に、アメリカとの安全保障条約の下、アメリカの軍事力で守られている日本は、他国に比べれば、平和ボケするほど国内は穏やかである。しかし、アメリカにはアメリカの国益があり、それに反する行動は取らない。
最近の日本の国連安保理常任理事国入りにしても、アメリカは日本を裏切って反対に回った。中国はもともと日本をバカにしていて猛反対している。国益に反すると思うから反対しているのだ。国は自国のために行動する。当たり前のことである。
これから日本を背負って行く20代の方々には、胸を張って世界に出て欲しい。戦後の60年は自国では経済発展、外交では経済貢献の立派な道を歩んできたが、他国からは何でも金で解決する卑しい国家としか見られていないように思う。悲しいことである。
中国も韓国も着々と軍事力を整備してきた。悪夢は反日の中国と統一朝鮮が核武装することである。それでもなお、日本が戦争放棄で貫けるかは疑問である。他国の意思は国益で動く。故にアメリカとの安保条約も絶対ではないのだ。
独立国家として、自国を防衛することは国家としては当たり前の基本である。しかし、そこには半端ではない痛みがともなう。徴兵とまでは行かなくとも、軍事訓練は必要になる。ある年齢に達したときに強制的に軍事訓練を受けることが義務化されることになるはずだ。
自分のようなシニア世代には、もうそれはない。これからの若い人の問題になる。
20代から40代の国民が真摯に議論して決することである。
これからの21世紀の日本が独立国家として、胸を張って歩んでいけるように、国民の意思の下に憲法9条を改正して欲しいと切に願う。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月14日

ネットスピードの変遷!

45d640cd.jpeg1990年頃だった。ニヒティーやピープルのパソコン通信が盛んだった。インターネットはまだ普及していない。
その頃の通信速度は600/bpsで正に亀歩きである。数年かけて2400/bpsになったのが自分が体験したパソコン通信の最高速である。課金は電話の通話料が3分10円で請求され、他に通信料をニフティーやピープルに支払う形態である。今のネットと同じでニフティーやピープルがプロバイダに変わり、通信料は定額制になった。
当時は、オンラインでテキストをダウンロード、オフラインで読み、次の投降を考え、オンラインで投降する、というパターンだ。通信料をいくらかでも節約しょうというわけである。
自分がインターネットを始めたのは1995年だった。そのときの通信速度は14400/bpsで、パソコン通信よりは格段に進歩した。今ならこれでも亀だが、当時は速かった。環境変化でだんだんと贅沢になるものである。
プロバイダの通信料はかなり高かく、毎月万札が飛んだのを覚えている。
すぐに28800/bpsになり、更に33600/bps、最後は56000/bpsがアナログダイヤルアップ回線の最高速である。そのうちに、ISDN64K/bpsが大々的にCMするようになり、普及し始める。そのときのCMの言葉は「おぉ〜はえぇ〜」だった。この速度でも今なら亀である。
これがわずか3年ちょっと前のことなのだ。ISDNは大げさにCMした割には伸びなかった。ADSLに取って代られたからだ。1.5M/bps、当時にすれば夢のような速度だ。しかし、ベストエフォートといって、発信基地からの距離によって減速するシステムだ。自分のところは4km離れていて、38デシベルの減速である。数百K/bps程度のスピードしか出なかった。その後24M/bpsに変更するも速度は上がらず、1.5M/bpsでしばらくネットを運用していた。つい最近、Bフレッツ光に変えた。NTT東日本のハイパーファミリーである。現在の速度は30〜70M/bpsを行ったり来たりしている。ネットが混む時間帯は30M/bos台に落ちてしまうが、70M/bps出ることもある。まずまずの速度である。まずまずとは言ってもネットで今風の何かをやるには十分な速度である。動画の受信も送信も問題ない。ほんの数年前とは雲泥の差がある。進歩が急激で遅れず付いて行くのがやっとのもはや立派なシニアである。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月13日

携帯電話!

5ae67e24.jpgここ3年で3台の携帯電話を使ってきた。
1年ごとに機種を交換している。携帯電話の進歩は新幹線並みに速い。すぐに今もっている電話機にはない機能が付加されて新製品が出る。それほど新しい機能は必要ないのだが、内蔵デジカメに興味があって、一番性能の良いデジカメ付きの電話機を買い求めている。
3年前は30万画素が最高の内蔵デジカメだった。640×480ピクセルである。ピント合わせが難しかったくらいで、その頃は、それでもけっこう楽しめた。
2台目のV601SHという機種は2年前だが、200万画素のデジカメに大進歩した。オートフォーカスも付いて、ボタン一つでAFがかかるようになっている。この機種はとても気に入っていたが、デジカメを使う頻度が多く、SDメモリーカードの出し入れ回数が半端ではないので、メモリーカードの格納蓋が壊れてしまった。ちゃちな蝶番で取りつけてあったのだが、そこが壊れて蓋が外れてしまった。修理するか新機種を買うか迷ったが、1年経過していたので機種交換することにした。同じ様にデジカメに特化した機種は、V603SHである。これはデジカメばかりではなく、テレビチューナー付き、FMチューナー付きである。テレビが見られてFMラジオが聴ける。最近は、付属の機能で携帯電話を選ぶ時代になったと思っていたら、1台ですべて賄うような機種が登場していた。この進歩には脱帽である。自分は携帯電話でネットはほとんどやらない。キーもディスプレイも小さい電話機を親指1本で操作するなど疲れてしょうがない。しかし、ネット人口が一番多いのは携帯電話である。定額制が導入されてますますネット利用に拍車がかかっている。携帯電話1台で何でも賄う時代になりつつあるのだ。
人生の折り返しを過ぎた自分には、多機能は面倒で、僅かしか活躍していない。ますます若い者に置いてきぼりを食わないように機種だけは最高の電話機を手にして虚勢を張っている!(笑)

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月12日

デジカメ!

7f3a6f0f.JPGデジカメを最初に手にしたのは2002年3月である。当時の主流は200万画素。せいぜいハガキサイズの写真が美麗に印刷できる程度の画素数だった。デジカメの場合は、パソコンのディスプレイで見ている限りは30万画素も200万画素もさしたる違いはない。どちらも綺麗である。紙に印刷したときにその精度が分かるのだ。
その後、2004年に500万画素を買った。そのときの主流も500万画素に進化していた。価格は4万円台であり、新製品の価格としてだいたい定着している。新製品が出ると、そのときの主流が4万円台ということだ。
最初の200万画素も次の500万画素も単純カメラ(昔は端的な言い方があったが差別語になるので単純と表現)で被写体にカメラを向けてシャッター半押しのオートフォーカスでパチリである。これで殆どは上手く写してくれる。
直近まで使っていた500万画素を床に落としてしまい壊してしまった。予定はまったくなかったが、毎日使うものなので新調することにした。
2005年半ばだが、主流はまだ500万画素に思える。ただ、価格が3万円台に落ちている。消費者にとっては良いことだ。旧型は2万円台である。機種を選ばなければ500万画素が2万円台で手に入るのだ。
今度は一段ステップアップして700万画素を求めることにした。それでも4万円台で買える。価格破壊もここまで来たか、という感じである。
銀塩カメラはデジカメにすれば600万画素と一般的には言われている。デジカメも銀塩カメラと同等になったということか?厳密にはそんなことはない。アナログの波に対してデジタルは矩形である。波の天辺の明るいところ、人間の目には白で見えない。波の始まりの暗いところ、これも人間の目には理論的には真っ黒で見えない。しかし、何となく見えるということがある。色の深みとでも言うか?人間の五感は単純ではない、ということなのだ。これは音でも同じことが言える。そういう意味でデジタルはアナログを超えることはできないと思う。しかし同等にはなったと言えるのだろう。
今の700万画素だが、もう単純カメラではない。説明書を読むと、昔に凝った35ミリ一眼レフと同じ用語が頻繁に出てくるようになった。もちろんオート撮影はこれまでのデジカメと同じである。カメラ任せにすれば半押しシャッター、オートフォーカスで上手く写してくれる。それに加えてマニュアル撮影が可能になった。露出を補正するとか、ISOを変えてシャッタースピードを稼ぐとか、そういうことが可能になったのだ。一番驚いたのは動画撮影である。Mpeg-4での撮影が可能になったことだ。動画の世界標準である。また、メモリーの許す限り撮影ができる。640×480ピクセル、4メガビット/秒、30フレーム/秒である。DVD録画とほとんど変わらない。デジタルビデオカメラとデジカメを持ったようなものである。
デジカメもどんどん進化している。使いこなせるかどうか?いろいろ遊んでみよう。
一つだけ不満がある。昔のカメラと違って、機能は凄いが「おもちゃ」のように軽く見える、ということだ。これが見た目のデジタルとアナログの違いとも言えなくはない!

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月11日

夢海道!

dd61528b.JPGサラリーマン時代は何かと出張が多かった。
金沢にも3ヶ月くらいに渡って滞在したことがある。週末に家に帰って週始めにまた金沢へ、という具合である。
当時はビックバイクに乗っていた。福島、新潟経由で北陸道から金沢まで1100CCのバイクで通ったものだ。海の中を北陸道が走っているところなどもあって北陸道は走って気分の好い高速道だった。
週末に家に帰らずに、能登半島1週のツーリング出かけたものだ。そんなときの「夢海道」が印象に残ったので詩に著しておいた。

<夢海道>
春に訪れた束の間の夏
サーフィンボードを抱えたカップルが
嬉しそうに渚を駈けて行く
ここは千里浜
なぎさドライブウェイ
砂丘を貫く夢海道

季節はずれの夏空に抱かれ
そよ吹く風を激しく切りながら
颯爽と疾走するビックバイク
ここは千里浜
なぎさドライブウェイ
砂丘を貫く夢海道

海と風と砂丘が織り成す
ブレンドファンタジー
波飛沫を浴びながら
渚すれすれを走り抜ける
際どい快感

砂はビックバイクのタイヤを
しっかりと受け止めて跳ね返す

ギュッと締まった凝縮した砂は
流した涙は優しく砂に消しても
破れた恋を埋めることはできない
ここでは不滅の恋が育つだろう

能登の風はあくまでも優しく
爽やかな波飛沫を
ビックバイクに降り注ぎ
海の群青で満たされた
ヘルメットのフェイスを
撫で続ける

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月10日

愛のレール!

07124b10.GIF二人肩寄せ合って
辿り着いたのは
恋愛の終着駅

そこはまた
人生の始発駅
花嫁行きに乗り換えて
あなたと結ぶ
幸福駅に向かいます

二本のレールは
広がりもせず
狭まりもせず
互いの存在を認め合い
整然と続いて行きます

あなたが右のレールで
わたしが左のレール
どちらが欠けても
次の駅には着けません

気負わず無理せず一歩ずつ
愛のレールを継ぎながら
二人の汽車は汽笛を鳴らし
幸福駅を目指します

シュシュポポシュシュポポピーピー
シュシュポポシュシュポポピーピー

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(1)芸術 

2005年07月09日

調音!

a8d09224.JPGエレキギターを初めて手にして、オートチューナー(写真右)なるものがあることを初めて知った。50を過ぎてもまだまだ知らないことは山ほどある。
デジタル楽器の良いところである。オートチューナーの電源(単3電池2本)を入れ、挿し込みコネクタにエレキギターのシールド(アンプとギターを繋ぐコード)を接続する。
エレキギターの弦を6番線(E)から順番に爪弾いて、発光ダイオードの緑が点灯するところを探すのだ。ギターの弦は一番上が6番線で以下5番線(A)、4番線(D)、3番線(G)、2番線(B)、1番線(E)の音名になっている。分かりやすく「ハ長調」の音で説明すると、6番線がオクターブ下の「ミ」の音、5番線がオクターブ下の「ラ」の音、4番線が「レ」の音、3番線が「ソ」の音、2番線が「シ」の音、1番線がオクターブ上の「ミ」の音である。このような音程に調音するのだ。ギターを初めて手にした14歳のときから前述のオートチューナーではなく、アナログの調子笛(写真左)を使っていた。まだ、アナログギター、いわゆるフォークギターやクラシックギターは殆どがこの調子笛を使ってチューニングをしている。自分の持っているアナログギターは、現在はフォークギターである。オートチューナーでも調子笛でも、6弦ともチューナーを使ってチューニングをすることはあまりない。自分の場合は、5番線の(A)だけを調子笛やオートチューナーで拾い、後はギターをお持ちの方はよくご存知のことと思うが、ギターの5フレットのところで、6番線を押さえ5番線の開放弦と共鳴するように6番線をチューニングするのだ。自分はハミングのようにチューニングする基本の音に合わせて声を出して、その声と共鳴するようにチューニングしている。これが自分には一番シックリ来るのだ。もう30年以上この方法でやっている。6番線が終わると5フレット目で5番線を押さえ音だしをし、ハミングして、4番線の開放弦の音が共鳴するようにチューニングするのだ。以下、5フレット目の4番線を押さえ音だしハミング、3番線の開放弦をチューニング、3番線だけは4フレット目を押さえて音だしハミング、2番線の開放弦をチューニング、最後は5フレット目の2番線を押さえて音だしハミング、1番線の開放弦をチューニングする、という具合である。案外、自分はオンチなのかもしれない。全部の弦をチューニング笛やオートチューナーを使って合わせるのが苦手である。それでギターを弾くと微妙に狂っていることが多い。非効率だが声だしハミングが定着している。
最近は毎日、夜中まで下手なエレキギターを爪弾いている。正に弾くではなく爪弾くである。その程度の力量なのだが楽しい。10代の頃のフォークソングの楽譜を見ながらコードを爪弾いて歌はイメージで心の中で歌っている。
「遠い世界に=五つの赤い風船」「悲しくてやりきれない=ザ・フォーク・クルセイダーズ、作詞はサトウ・ハチロウ」「シクラメンのかほり=小椋佳」「友よ=岡林信康」「白いブランコ=ビリーバンバン」「この広い野原いっぱい=森山良子」「今日の日はさようなら=森山良子」楽譜の順番に爪弾いて行く。心地よい時間である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月08日

テロ!

8319675d.jpg戦争以外の社会に対する破壊行為をテロという。無差別に人命を奪う卑劣極まりない行為である。
イギリスで同時多発テロがあった。死者45人、負傷者1000人規模(22:00テレビ朝日報道ステーション)の地下鉄3駅とバス1台という公共交通機関を狙った正に無差別テロである。
「アルカイダ秘密組織」というところが、ウエブサイトで犯行声明を出し、「イラクとアフガニスタン」での虐殺の報復とのことである。(朝日ニュースターCSテレビテロップによる)イラク等から軍を撤退させなければデンマーク、イタリアを含むヨーロッパを標的にするとのことだ。
日本が狙われることは少ないと思う。それは戦争に直接参加していないからであるが、人道目的でのイラクへの自衛隊派遣に対して、矛先が徐々に向いている。というよりも「さっさと帰れ」と言わんばかりの自衛隊車両への警告爆破や、砲弾の基地上空通過など危険要素が増している。
外務省の担当官が2名、イラク自衛隊の基地内にいる。彼らが外出するときは、外国の警備会社(戦争のプロ集団)の警備員に警護されているとのことである。自衛隊には制約があり過ぎて警護には無理があるとの判断による。それだけ今のままでの自衛隊派遣には無理があるということであり、外務省がそれを証明しているようなものである。
そろそろ撤退すべきときである。
テロを壊滅させることは至難の業である。都市ゲリラのようなもので、テロリストを特定することは難しいし、都市は標的で溢れているからだ。
あと何人犠牲者が出るのか?
日本にあって、平和の素晴らしさに感謝しつつ、平和ボケにだけはなるまいと信念を新たにする。

★人気blogランキング:押してね!



kenhappy1 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月07日

フリーライダー!

ab190d4e.jpg昔々の大昔、山間の村落があった。
毎夜村民の誰かが獣に襲われ命を落としていた。
村民にとっては死活問題で寄り合いが持たれた。
どうして獣から村民の命を守るか?
村の周囲に城壁を築くことになった。ついては使役を各家から1人ずつ出すことに決まった。
100人ほどが集まり日夜城壁作りに精を出す。
1軒だけ使役を出していない家があることに皆が気づく。
再三催促するもダンマリを決め込んでいる。
何日もかけて立派な城壁が完成した。
もう獣に襲われる心配もない。安心して暮らせる。
ダンマリの家は相変わらずの図々しさで居座っている。
この家も完成した城壁によって守られている。
村民は我慢できない。働きもせず安全を得ているこの家の主を!
実力行使に出た。この家の者たちを城壁の外に放り出した。そのうちに獣の餌食になることだろう。

財政(税金)と防衛を説明するのによく使われる架空の話である。
ダンマリを決め込んだ家の住人をフリーライダーと呼ぶ。
現代にもけっこういることだろう。

獣から身を守るための城壁作りの使役が税金である。その結果の城壁そのものが防衛となるのだ。
果たして、この今、獣に当たるものはいったいなんなのだろうか?そこがハッキリしない。何のために税金を払うのか?払わざるを得ない税金はいったい何に使われているのか?
すべてがあやふやでうやむやである。
フリーライダーになりたい心境だ。
またぞろ増税が頭を擡げてきた。城壁はもう十分な安全を確保しているのに、何度も何度も訳もわからず作り直しさせられている。そんな感じだ。
国の寄り合いは目的をなくし、指導者のフィーリングで動いている。
昔々の大昔に返って、目的と手段をハッキリさせることから始めて欲しいものだ。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月06日

物書きの題材!

695f4f9b.jpg物を書くのが好きである。
後々に何か書くときのために詩風にして、書き残しておくことがある。映画の絵コンテのようなものである。
作曲の場合は、後でなどと流暢なことをやっていると良いフレーズが浮かんでこない。いっきに書き上げてしまうことが多い。小説や散文は、なかなかいっきにとは行かないのが常である。題材の記録が大事なのだ。
そんな詩を2編紹介する。

<あなたの愛を(パート2)>
これが恋するってことなのかしら
巡り合いって不思議だわ

5月の海辺で
砂浜をジョギング
波音のBGMを聞きながら
気分よく走っていたら
向こうからあなたが駈けて来る

決まって土曜日の朝だった
3回目の出会いに
あなたはすれ違いにUターン
わたしと平走し
初めて声をかける

「いつも同じですね、お近くですか?」
はぁー、ええまぁー
本当はうれしくて
飛び上がって喜びたいのに
突拍子もない返事をしてしまう
バカなわたし

心をストレートに表現できない
もどかしさが顔を曇らせる
それを楽しむかのように
ルックスの良い
ハンサムな顔が微笑んでいる

劇的な出会いってあるんだわ
決まった曜日の決まった時間に
決まった場所を逆送する二人

やがて逆送は平走となり
ジョギングは至福となって
毎週が毎日に変わる

日常の何気ない事に
巡り合いはあり
恋が生まれる

恋を愛に変えるのは
あなたとわたしの意思

恋に焦がれる時ではないわ
しっかりと恋を見据えて
あなたと生きる
愛を見つけなければ

きっとこれが最後のチャンス
きっと掴んでみせます
あなたの愛を

<幻人のあなたがいる>
過去に輝く星屑のように
現在(イマ)を生きられるなら
あなたと歩んでみたい

突然の雨の中
舗道の向こうにあなたがいて
駆け寄るわたしの傘に苦笑い

そんな出会いがあって恋をして
愛し合えたら

あなたは未来人(ミライビト)
わたしは星屑
今 幻人(マボロシビト)のあなたがいる

思い出なんて欲しくない
思い出は美しいものでしょう?

わたしの瞳の中で
あなたのささやき受け留めながら
狡猾な顔して大人を気取っても
心に残るのは空しさだけ

思い出なんて欲しくない
思い出なんて欲しくない
美しさよりもあなたが欲しい

過去に輝く星屑のように
現在を生きられるなら
あなたと歩んでみたい

夢急ぐあなたの背中
拗ねて追いかけるわたしがいて
立ち止まるあなたに涙をみせて
そんな映画のシーンのように
愛し合えたら

あなたは未来人
わたしは星屑
今 幻人のあなたがいる

思い出なんて欲しくない
思い出は美しいものでしょう?

わたしの瞳の中で
あなたのやさしさ受け留めながら

無邪気な顔して微笑み投げても
心に残るのは寂しさだけ

思い出なんて欲しくない
思い出なんて欲しくない
美しさよりもあなたが欲しい

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月05日

腕を組む!

23665ec9.JPG都会の昼下がり
公園のベンチで
分別ある大人の顔して
腕を組む

子供たちが
ブランコではしゃいでいる

カップルが
人目を気にせず求め合っている

建設現場の作業員たちが
弁当を広げ談笑している

ここには
生きることの悦びがある

深刻な顔して
腕を組むおまえは何だ

心を捨てろ
初心になれ

プライドを捨てろ
子供に戻れ

生きることの悦びは
そこから始まる

★人気blogランキング:押してね!


kenhappy1 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月04日

世情に思う!

3b6f6f8d.jpgミスタープロ野球が、昨夜の東京ドーム巨人対広島戦観戦で公に復帰した。昨年3月に脳梗塞で倒れて以来、1年数ヶ月振りの復帰である。長嶋茂雄ファンの自分としては大変うれしい。良かった、元気そうである。見ているだけで心がホッとする。そんな魅力が彼にはある。できる限り、また顔を見せて欲しい。
殺伐とした世の中にあって、本当にうれしいことである。
10代の若者がどうも可笑しい。学校での傷害事件が目立っている。爆弾を投げつけたり、ナイフで刺したり、バットで殴ったり、ここ1〜2週間に何件か発生していて、またか、またか、と呆れてしまう。
自分が10代の頃にも喧嘩沙汰はあったものだ。殴りあったりもしたが、殺意は生まれてこなかった。当然、命は尊いもので一つしかなく一度失われれば再生はないことも、ごく当たり前のことだが、よく分かっていた。喧嘩の原因は単純である。「生意気だ」それだけである。青春である。羨ましい者が学内にいれば、ちょっと斜に構えているハンカクサイやつには「生意気」に見えるものである。当時は深刻にもなったが、今思えば、それも「可愛い」部類の取るに足らないことである。
そういった負のことよりも、自分が10代の高校の頃には、味のある教師が何人かいて、有り余るエネルギーを他に向けて逃がしてくれたものだ。例えば、長く歌い継がれてきた歌=琵琶湖就航の歌/知床旅情 等々=を、まだ知られていないときに教えてくれたり、過去の戦争での特攻について考えさせたり、本を読むということの素晴らしさを授業そっちのけでコンコンと教えてくれたり、枚挙に暇がないほどだ。
そういったことが青春の財産になっている。今思えば有難いことだった。
外に目を向ければ、青春のシンボル「ミスター長嶋茂雄」が現役で華麗な技を見せ、「若大将加山雄三」が憧れの歌を聴かせた。
当時の若者には、「ミスターや若大将」に限らないが、好きになれるヒーローがいたものである。
今の10代には、そういった心から「好いなぁ」と思える人がいないのでなないかと推察する。それは物ではない。人でなければならなのだ。人を好きになる。恋愛感情でない。男が男に惚れる。そういう有り様である。
人なので、当然に好き嫌いはある。それはそれで良いのだ。好きになれれば10代では利害がないので親友に成り得る。好きな人と大いに付き合い、それぞれに影響しあえれば青春の不安定が安定に変わっていくはずだ。
人を許せれば友情は深まる。10代にはそれができる。今、自分は50歳を超えている。この歳になると、なかなか人を許せないものである。故にこの歳での友人はできにくいのだ。
素直な心は若者の特権のようなものであり、誰もが内在している弱さを補う特効薬のようなものなのだ。
若者よ、素直な心で人を許しなさい。そして友達の輪を広げなさい。寂しさ、虚しさ、憤り、これを治めるのは、家族よりは孤独と対峙する友情である。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1)徒然なるままに 

2005年07月03日

フォークソング!

3383c54d.JPGエレキが届いて1週間である。
毎夜1回は弾いている。まだ左手の指は弦に馴染んでいない。完全にタコになっていないのだ。だからコードを押さえるとまだ痛い。弾き止めるのは、この指先の痛みが限界になったときである。だいぶ硬くはなってきたが一皮も二皮も剥けないとダメである。
今日は繁華街の楽器店に行って来た。
街は大変な混みようで若者で溢れている。幅50mほどの横断歩道を渡るのに、人とぶつからないようにするのがシンドイくらいの混みようなのだ。オジンやオバンは週末はだいたい体を休めるものだが、若者にとっては青春の大切な日である。若者で溢れるのも理解できる。過去は自分もそうだったのだから。
楽器店に行ったのは、エレキ用のカポタストを買うためである。カイザーというアメリカのメーカーのものを買う。プロも使うだけあって、なかなか使いやすい。バネ式なので、頻繁に使えば伸びてしまうが、そう高いものではないので惜しくはない。ついでに書籍コーナーを覗いてみた。もう何年もギターを弾いていないので、コードを忘れて不便である。コード表を買った。同じところに「フォーク・ビッグ・ヒッツ」なる楽譜集があった。パラパラ捲ってみたら懐かしい曲ばかりだったので、これも求めた。
今夜弾いてみた曲を列挙しよう。
「時には母のない子のように」「しおさいの詩」「神田川」「涙そうそう」「岬めぐり」「遠い世界に」「白い一日」「結婚しようよ」「悲しくてやりきれない」「シクラメンのかほり」「翼をください」「世界は二人のために」「友よ」「白いブランコ」「小さな日記」
まだまだ好きな曲はあったが、このあたりで弦を押さえる指の痛さが限界になったので止めた。上手くは弾けない。ただジャンジャンジャンとやるだけである。以前は3フィンガーも流暢にできたのだが、さっぱり指が動かない。弦の場所もアチャコチャと関係のないところを弾いてしまう。上手く弾こうとしなければ上記の曲は何とか弾き語りできそうだ。
昼に弾く機会があったら歌ってみよう。夜中にやっているので歌はイメージだけを沸かせるのだ。
音楽の好きな自分としては楽器は楽しい。上手く弾けたらもっと楽しいのだが、まずまずで良しとしよう。

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月02日

淡い夕焼け!

89e57f81.JPG夏の陽炎(かげろう)に包まれたような
大きく広がった淡い夕焼けを見た

いつのことだろう
クワガタとカブトムシを求めて
ブナやミズナラの樹液溜りを探して
里山の奥へ奥へと
何処までも入って行った

夢中になり過ぎて
時間も方向も分からなくなり
あっちこっちと途方にくれた帰り道
このピンク色の淡く美しい
今見ている夕焼けを見たのだ

西の方向が定まった
美しさを感じている余裕はない
蝉時雨と徐々に暮れ行く夕焼けに
追いたてられるように
東に向かって走りに走った

見なれた街の灯りに立ち止まり
ハアハアと肩で息をしながら微笑んだ

あの日と同じ夕焼けが
古(いにしえ)の憧れを道ずれに
暮れて行く

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年07月01日

死に赴くことなかれ!

1bab05cd.bmp夢がある真実と
夢がない現実がある

夢がある真実だけを
追い求めれば
夢がない現実に
生きられない

夢がない現実に
諦めれば
夢がある真実に
焦がれる情熱を失う

この世は侭ならず
永遠の憧れに旅立つ
誘惑に支配された
心の覚醒が闇に誘う

呪縛の糸を
はるかな旅の果てに
辿り着いた
真実の光の剣で
断ち切れ

夢がある150億光年の
真実の旅路が
夢がない現実の世界を
光の航路に変えるだろう

若者よ
死に赴くことなかれ

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに 

2005年06月30日

夕立!

3bee843e.GIF夏のギラツク太陽があっという間に隠されて
どんよりと空がまどろむ
瞬く間の出来事
積乱雲が夏空を隠したのだ

車のウインカーの瞬きの
何倍もの速さでピカっと光る
思わず数を数える
その数に音速を掛ければ距離が割り出せる
中学校の理科の時間に学んだことだ

まだまだ遠いキロ単位の遠さである
これを何回か繰り返す
光と音の感覚が狭まる
ピカっドカーンと稲光と共に激しく雷鳴が轟き
間近で雷が吠えている

この夏のありふれた光景が好きである
自然現象には人間を感動させる力がある
それはとりもなおさず
人間の力の及ばない世界に感動しているのである
 
激しい夕立も
夕立であるかぎり気持ちがいい

★人気blogランキング:押してね!

kenhappy1 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然なるままに